本文へジャンプ

お知らせ

自然保護ボランティアファンドのご案内

公益信託 自然保護ボランティアファンドとは

豊かな自然とのふれあいを求めて、私たちは各地の国立公園をはじめとする自然公園等を訪れます。しかし、私たちを受け入れてくれるこれらの地域では、過剰な利用による自然の荒廃や希少な種の減少、登山道、木道、標識などの利用施設の傷み、持ち込まれたゴミの散乱等が見られます。こうした自然を支え、利用施設を維持するため、各地で多くのボランティアの人たちによる活動が行われています。

自然保護ボランティアファンドは、このようなボランティア活動を支援することを目的に、公益社団法人ゴルフ緑化促進会(旧称:社団法人ゴルファーの緑化促進協力会)の協力により、昭和61年に設立されました。

自然保護ボランティアファンドは募金型の公益信託のため、多くの個人や団体からいただいている善意の寄金を活動助成の基にしています。

ボランティアファンドの助成は、年度毎の各地のボランティア団体からの活動助成申請について、運営委員会で審議し、採択された団体の活動に対して支援を行っています。今後も、自然保護ボランティア活動をより一層充実していくためには、まだまだ継続的な支援が必要です。皆様のご理解とご協力をお願い申しあげます。

公益信託自然保護ボランティアファンド受託者
三井住友信託銀行リテール受託業務部公益信託グループ
運営協力機関
一般財団法人自然公園財団