本文へジャンプ

お知らせ

自然保護ボランティアファンドのご案内

平成27年度公益信託自然保護ボランティアファンド活動助成概要

平成27年度の募集を開始いたしました。

1.助成の趣旨と対象活動

公益信託自然保護ボランティアファンド(NCVF)は、自然公園などにおける優れた自然を保護していく国民自らが実践する自然保護ボランティア活動を支援するために、 公益社団法人ゴルフ緑化促進会の基金をもとに設立され、趣旨に賛同する多くの人々の協力によって維持されている公益信託です。

なお、公益信託自然保護ボランティアファンドは、平成27年度をもちまして終了させていただくことになりました。従いまして、平成27年度の活動助成が、最終の募集となります。

公益信託自然保護ボランティアファンドは、我が国の 国立公園及び国定公園 における自然保護上重要な地域で行われている多様なボランティア活動など、地域の理解や参加協力を得られる広範な活動を行っているボランティア団体の活動を支援します。特に大勢の人たちが主体的に参加できる機会を提供する活動や子供たちを対象とした活動の実践を期待しています。

たとえば・・・

  • 自然公園の美化清掃活動
  • 高山植物などの植生復元活動や野生生物の生育環境保全活動
  • 登山道、探勝路、園地などの利用環境の維持活動
  • 公園を訪れる利用者への自然解説などの自然ふれあい推進活動

2.助成対象団体

助成の趣旨に合致し、かつ次の条件を満たす団体とします。

  • 営利を目的としないこと。
  • 会則もしくは一定のルールを持ち、代表者等の定めがあること。
  • 団体の構成、役員、選任方法等の事業運営に重要な事項が、特定の者等の意志に従わずに決定、運営されること。
  • 申請団体(協議会)に、(一財)自然公園財団(本部または支部)か地元自治体(関係機関を含む)または学識経験者のいずれかが構成員として参加していること。
  • 環境省地方環境事務所または都道府県自然保護担当部局の推薦を受けられること(市町村からの推薦は不可)。

(注)「申請団体(協議会)」について

初めてボランティアファンドの助成申請を行う場合に設置していただく必要があります。ただし、申請団体(協議会)の正式な設立事務は助成が決定した後で差し支えありません。申請時には、構成予定者の相互了解のもとに名目上の申請団体(協議会)として事務を進めてください。名目上ということであっても、後日正式名称として、そのまま使用する名称を付けてください。詳細は「応募要項」の正本を自然公園財団に請求して確認してください。

3.助成金額

  • 助成金総額は220万円を予定しています。
  • 助成額は1団体30万円を上限に助成します(金額は万円単位、万円以下の金額は四捨五入してください)。
  • 助成は平成27年度が最終年度となるため、原則、平成28年2月までに完了できる活動を対象にします。
  • 助成額は要望どおりではなく、減額されることがあります。

4.ボランティア活動に係る経費の助成対象(助成金の使途)

大原則は現地、現場におけるボランティア活動経費への助成です。

  • 当該活動に必要な作業用具、作業服、各種資料等の購入費や借料。
  • 現地活動時の会員の公共交通機関による交通費の一部、活動車両や船の借料や利用料。
  • 山間部、海浜部等での宿泊を伴う活動の際の会員の宿泊費補助。宿舎は山小屋、民宿レベルに限ります。
  • ボランティア活動のための保険代

助成金支出には対象外経費があります。詳細は「応募要項」の正本を請求して確認してください。

5.応募方法、選考、結果通知等

  • 所定の申請書類を作成し、推薦者経由で提出していただきます。
    応募用の書類は自然公園財団あて請求してください。応募に関する全てのことを網羅した「応募要項」をお送りします。
  • 6月中旬に開催される運営委員会において厳正に審査、選考します。
  • 選考結果は推薦者を経由して申請者に書面で通知します。
  • 助成決定後の助成金は、決定通知と共にお送りする「資金請求書」の作成~提出により送金します。
  • 応募締切日 平成27年4月3日(金)必着でお願いします。

「応募要項」の請求と助成に関する照会
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-2-31 第36荒井ビル2階
TEL 03-3556-0818 FAX 03-3556-0817
(一財)自然公園財団 自然保護ボランティアファンド担当

→ご案内へ戻る