本文へジャンプ

日本の自然公園

世界最初の国立公園は、1872年に指定されたアメリカ合衆国のイエローストーン国立公園です。素晴らしい自然は、国民全体の宝であり、これは子孫に継承しなければならない、との考えから国立公園が誕生したのです。

日本では1931年(昭和6年)に「国立公園法」が制定され、1936年(昭和9年)に瀬戸内海、雲仙(現在の雲仙天草国立公園の前身)、霧島(現在の霧島錦江湾国立公園の前身)が最初の国立公園として指定されました。

その後、1957年(昭和32年)には「国立公園法」が「自然公園法」に代り、3種類の自然公園、すなわち国立公園、国定公園、都道府県立自然公園の体系が制度として整備されました。

国立公園はわが国を代表する自然の風景地であり、国が指定し管理するものです。国定公園は国立公園に準ずる自然の風景地であり、国が指定し都道府県が管理するものです。都道府県立自然公園は都道府県を代表する自然の風景地で、都道府県が指定し管理する公園です。

戦前の国立公園切手(霧島)
戦前の国立公園切手(霧島)
国定公園の切手(明治の森高尾)
国定公園の切手(明治の森高尾)
自然公園50周年記念切手
自然公園50周年記念切手

国立公園の制度などについて、より詳しく知りたい方は、環境省自然環境局のHPをご覧下さい。