本文へジャンプ

国立公園ガイド

国立公園の特長や見どころなどをご紹介します。

写真:利尻礼文サロベツ
利尻礼文サロベツ
利尻・礼文両島とサロベツ原野一帯からなる、日本最北の自然公園。
写真:知床
知床
原始性の高い国立公園。オジロワシ、シマフクロウ、ヒグマの生息地。
写真:阿寒
阿寒
森と湖と火山の公園。マリモの生息地として有名。
写真:釧路湿原
釧路湿原
釧路湿原を中心とする国立公園。タンチョウの主要な繁殖地。
写真:大雪山
大雪山
中央高地一帯を含む、日本最大の国立公園。ナキウサギなどが生息。
写真:支笏洞爺
支笏洞爺
支笏、洞爺のカルデラ湖を中心とし、羊蹄山地域を加えた3地域からなる公園。
写真:十和田八幡平
十和田八幡平
十和田・八甲田地域と八幡平地域に分かれた公園。八幡平は樹氷で知られている。
写真:三陸復興
三陸復興
南北220kmにわたる長大な海岸公園。海鳥の繁殖地も多い。
写真:磐梯朝日
磐梯朝日
出羽三山・朝日連峰、猪苗代湖などを含む公園。各山域では多彩な高山植物が見られる。
写真:日光
日光
多様な自然と人工美を併せ持つ国立公園。鬼怒川、塩原など温泉も多い。
写真:尾瀬
尾瀬
尾瀬地域、田代山・帝釈山地域からなる公園。日本の自然を代表する場所の一つ。
写真:上信越高原
上信越高原
山岳と高原の国立公園。志賀、菅平などは夏季の保養地として有名。
写真:秩父多摩甲斐
秩父多摩甲斐
奥多摩と奥秩父の山域を中心とする公園。クマタカなど多くの鳥類が生息。
写真:小笠原
小笠原
北硫黄島以北の小笠原諸島を区域とする公園。生物相に大きな特色がある。
写真:富士箱根伊豆
富士箱根伊豆
最も訪れる人の多い、日本の最高峰富士山を中心とする公園。
写真:中部山岳
中部山岳
飛騨山脈主要部を区域とする日本を代表する山岳公園。ライチョウが生息。
写真:野尻湖
妙高戸隠連山
火山、非火山の山々と山麓の高原と湖沼が一体となった独特の景観。
写真:白山
白山
白山山麓を含む一帯。日本における高山植物分布の西の限界。
写真:南アルプス
南アルプス
赤石山脈の稜線部を中心とする非火山性の国立公園。高山植生が発達。
写真:伊勢志摩
伊勢志摩
志摩半島と伊勢神宮を含む公園。英虞湾は繊細で優美な多島海景観を展開する。
写真:吉野熊野
吉野熊野
大峰山脈や熊野川を有する公園。日本有数の多雨地帯。
写真:山陰海岸
山陰海岸
変化に富んだ海岸地形を持つ公園。西端には鳥取砂丘が広がる。
写真:瀬戸内海
瀬戸内海
多島海景観を中心とする海の公園。自然と人文が融合した風景が広がる。
写真:大山隠岐
大山隠岐
大山を主とし、隠岐諸島、島根半島及び三瓶山の4地域からなる国立公園。
写真:足摺宇和海
足摺宇和海
四国西南部の海岸と内陸の滑床渓谷などを含む公園。足摺岬は四国最南端の地。
写真:西海
西海
九州北西部の海岸域と五島列島を区域とする公園。すぐれた多島海景観が展開。
写真:雲仙天草
雲仙天草
雲仙地域と天草地域からなる公園。平成新山など6件の国指定天然記念物を有する。
写真:阿蘇くじゅう
阿蘇くじゅう
阿蘇火山一帯と九重山地、由布岳、鶴見岳を区域とする公園。
写真:霧島錦江湾
霧島錦江湾
霧島火山群を中心に、桜島や指宿などの錦江湾沿岸を含む公園。
写真:屋久島
屋久島
屋久島と口之永良部島からなる公園。屋久島は平成5年に世界自然遺産に登録。
写真:慶良間諸島
慶良間諸島
ケラマブルーの海、多島海など、海と陸が連続した多様な景観。
写真:西表石垣
西表石垣
西表島・石垣島の主要部と周辺の島々、広大なサンゴ礁海域からなる、亜熱帯の国立公園。