本文へジャンプ

阿寒国立公園

写真:空から見たペンケトーとパンケトー
[空から見たペンケトーとパンケトー]

地図

阿寒は、森と湖と火山の公園である。3つのカルデラ湖は、あるものは火口の底に静まりかえり、あるものはマリモを育み、また、あるものはかつて湖底噴火により失った生命を、今取り戻そうとしている。硫気を激しく噴き出す火山は、地球の息吹を見る人に伝える。そして、北方針葉樹林が、それらすべてを深い静寂の中に包み込んでいる。

マリモを育む阿寒湖

写真:屈斜路湖の御神渡り
[屈斜路湖の御神渡り]

阿寒、屈斜路(くっしゃろ)、摩周の3つのカルデラ地形を基盤とする公園である。昭和9年に指定され、52年に一部区域を追加した。

阿寒カルデラは、雄阿寒(おあかん)岳(1,371m)、雌阿寒(めあかん)岳(1,499m)などの山岳と、阿寒湖、ペンケトー、パンケトーなどの湖沼、及びそれらを囲む深い森林からなる。

阿寒湖(13km2)は何よりもマリモで有名である。湖中のチウルイ島にはマリモ展示館があり、展示されているマリモを観察することができる。湖岸には小島を配し、東岸に立つ雄阿寒岳を望む眺望がすぐれている。雌阿寒岳は、今も噴気を上げる火山であり、山頂部は荒涼とした荒原である。西麓には針葉樹林の中にオンネトーがある。

阿寒湖と弟子屈(てしかが)を結ぶ阿寒横断道路の双湖台付近から望む風景は、日本の森林景観の中で上位に入るものの一つであろう。エゾマツやトドマツにダケカンバを交えた森林が一帯を覆い、その中にペンケトー・パンケトーの水面が光る。全体が深い沈黙の中に静まりかえっている。少し東寄りの双岳台からは、雄阿寒岳と雌阿寒岳が同時に望める。

世界的規模の屈斜路カルデラ

写真:硫黄山
[硫黄山]

屈斜路カルデラは直径が20km以上あり、世界有数の規模である。その中心となるのが屈斜路湖である。面積80km2、湖岸延長57kmの、日本第6位の広さを持つ湖であり、湖の東南部から釧路川が流出している。

阿寒湖と異なり、湖周囲の森林には広葉樹も多い。冬季、材の中の水分が凍結膨張し、立木が音を立てて裂けるほどの厳寒の地であるが、湖岸に和琴(わこと)、砂湯、池の湯などの温泉が湧出するため、小規模な不凍水面が残り、オオハクチョウが越冬する。

昭和6年の湖底噴火により、生息する魚類がほぼ全滅したが、最近は再び魚影が見られるようになってきている。周辺には北側に藻琴(もこと)山、西に大展望が得られる美幌(びほろ)峠、南岸には湖中に突き出した和琴半島がある。

カルデラ形成後に噴出した硫黄山(アトサヌプリ・512m)は、今なお硫気を盛んに噴出している。その影響を受ける山麓の平坦地には、広大なイソツツジの群落が広がり、標高わずか150mの低地ながらハイマツが生育している。利用シーズンには、川湯温泉街から歩く自然観察会が早朝に行われている。

神秘的な摩周湖

摩周湖は面積20km2。最大深度212m、流入する川も流れ出す川もない湖であり、昭和6年に透明度41.6mを記録している。その後、十勝沖地震の影響などで透明度は低下し、近年は25m前後である。

摩周カルデラは、屈斜路カルデラの南東壁上に形成されたもので、この公園のカルデラの中では最も小さい。しかし、外壁上に設けられた展望台から見下ろす湖の神秘性は、ほかでは見られないものである。立ち込める霧によって湖面が隠される日の少なくないことも、神秘性を高めている。また、湖面だけでなく、背後に広がる風景も、いかにも東北海道らしい雄大なものだ。

公園内には阿寒湖畔、雌阿寒温泉、川湯など各地に温泉が湧出している。また、阿寒湖畔では泥火山(ボッケ)も見られる。豊かな森林に覆われているこの地方には、鳥類も多く、シマフクロウやクマゲラも生息している。

写真:摩周湖
[摩周湖]

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク