本文へジャンプ

足摺宇和海国立公園

写真:大堂海岸
[大堂海岸]

地図

足摺岬から臼碆(うすばえ)の付近は、黒潮が陸地に接近しているところである。岬に立てば、濃紺の流れが渦を巻くさまに、その勢いを感じることができる。流量が毎秒5,000万トンと聞いても数字が大きすぎて実感を持てない。しかし、地球規模の壮大な物質循環を、そのわずかな片鱗でも眼前にしていることに、想像力がふくらむ。

足摺地域

写真:足摺岬
[足摺岬]

黒潮の洗う四国西南部の海岸と、内陸の滑床(なめとこ)渓谷などを含む公園である。昭和47年、国定公園から国立公園に格上げ指定された。

南部地域は隆起海岸で、断崖が連続する豪壮な景観である。これに対して北部は沈降海岸で、出入りの多い繊細な景観が展開する。

足摺岬は四国最南端の地である。岬から西方の臼碆にかけては、高さ80~100mの断崖となり、白山洞門などの海食洞が多い。段丘の上はウバメガシ、ツバキ、タブノキなどの照葉樹林で、ツバキのトンネルを行く歩道がある。背後の台地上にある金剛福寺は空海の創建である。

さらにその西の竜串海岸は、「大竹小竹」、「夢の浮橋」、「蛙の千匹連れ」などと名付けられた奇勝が連続する。崩れやすい砂岩が海食や風食を受けてできたものである。この地区の海中には、シコロサンゴの群体をはじめとする造礁サンゴが多く、華やかな魚類とともに亜熱帯的な海中景観をつくっており、海中展望塔やグラスボートでも探勝できる。しかし、近年サンゴ類の衰退が見られることから、サンゴの海を取り戻すための自然再生事業が着手されている。

また、見残は、空海も見残した難所というところからの命名であり、今も車では行けない。ここには波形がそのまま化石になった化石漣痕(れんこん)などの珍しい構造が見られ、奇岩も多い。

これより北部は再び断崖が現れ、大月半島南岸の大堂海岸などに顕著である。半島の先にある沖ノ島には、七つ洞などの景勝があるが、造礁サンゴがあり、ダイバーや釣り人に人気がある。海域公園地区が竜串や沖ノ島などに指定されている。

宇和海地域

写真:滑床渓谷・千畳敷
[滑床渓谷・千畳敷]

愛媛県側の海岸は、島嶼(とうしょ)の多い宇和海の南部、宇和島市以南が公園に含まれる。一帯は典型的なリアス海岸で、出入りの多い海岸線が半島と湾入を交錯させ、沖合に多くの島を配する。景勝地としては、奇岩の多い天嶬鼻(てんぎばな)の断崖や鹿島の洞窟などがある。日振(ひぶり)島は、10世紀に反乱を起こした藤原純友が本拠地とした島である。

この地区の海中にも造礁サンゴがあり、愛南町の鹿島周辺に宇和海海域公園地区が指定されている。水中展望船など、さまざまな探勝の手段がある。

写真:宇和海の海中景観
[宇和海の海中景観]

内陸部に3ヵ所ある飛び地の一つ、滑床渓谷は目黒川の上流にある延長約12kmの渓谷である。花崗岩の平滑な河床を持ち、千畳敷、出合滑などの景勝がある。雪輪(ゆきわ)の滝はこの渓谷の白眉で、幅20m長さ80mの1枚岩を滑り落ちている。

写真:須ノ川から見た宇和海・由良半島
[須ノ川から見た宇和海・由良半島]

足摺から室戸にかけての地域は、ニホンカワウソの生息が最後に確認されていた地域である。かつて全国にごくふつうに生息し、親しまれてきたこの動物は、明治以降急激に減少してしまった。まだわずかな個体が、生存している可能性はまったくないわけではないが、確実な目撃記録は、昭和54年に須崎市新荘川で死体が発見されて以来、もう長い間絶えたままだ。賢く警戒心の強いこのけものが、まだ人目を忍んでひっそりと生き続けていることを、また、これからも生き続けてくれることを願うのみである。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク