本文へジャンプ

磐梯朝日国立公園

写真:朝日連峰
[朝日連峰]

地図

この公園の山は、車道が比較的高所まで登っている月山や吾妻(あづま)連峰と、昔ながらの長いアプローチを持つ朝日、飯豊(いいで)連峰の双方がある。いずれも稜線には湿原や雪田植生が多く、東北の山らしい魅力があるが、登山者の数はアプローチの便利さに比例しているようだ。

公園北部の山々

写真:月山
[月山]

東北地方の脊梁をつくる奥羽山脈の最南部と、その西側に平行に走る出羽山地の主要部を区域とする公園で、昭和25年に指定された。北から出羽三山・朝日連峰、飯豊連峰、磐梯山・吾妻山地・安達太良(あだたら)山、猪苗代(いなわしろ)湖が含まれ、面積は、我が国の国立公園中第3位である。

出羽三山(月山、羽黒山、湯殿(ゆどの)山)は、中世以来の歴史を持つ修験道の霊場であり、現在も多くの参拝者でにぎわう。月山(1,984m)は古い火山であるが、山頂部は崩壊して原形を留めず、なだらかな山容となっている。豪雪地帯であり、東面の溶岩台地には大雪渓が夏も消えずに残る。8合目まで車道がつき、登山は容易である。

羽黒山は、標高400mほどの小さな山で、山頂には、月山神社、出羽神社、湯殿山神社を合祀する三社合祭殿があり、山麓の手向とうげには多くの宿坊が並ぶ。また、湯殿山は、月山の南西に接する寄生火山で、湯殿山神社は社殿はなく、湧出する温泉に洗われる大きな噴泉塔が御神体である。

朝日連峰と飯豊連峰は、出羽山地の系列である。月山の南にある朝日連峰はピラミッド型の山頂を立てる大朝日岳(1,870m)、以東(いとう)岳などを連ねる。さらにその南方に東西に横たわる飯豊連峰は、東北地方有数の大きな山塊で、大日岳(2,128m)を最高峰とする。両山地とも山懐が深く、登山には長時間の歩行が必要であり、初級者向きの山とはいえないが、それだけに高い原始性を保っている。各山域とも植生は山麓のブナ林が広い面積を占め、山頂部には風衝草原や雪田植生が発達し、ミヤマウスユキソウ、トウヤクリンドウ、ヒナザクラ、ヒメサユリなど、多彩な高山植物が見られる。

磐梯・吾妻・猪苗代地域

写真:猪苗代湖と磐梯山
[猪苗代湖と磐梯山]

吾妻連峰は奥羽山脈の山系であり、山形・福島県境に東西方向にゆるい起伏を連ねている。山域の東端は一切経(いっさいきょう)山、吾妻小富士など、山頂に植生の乏しい火山礫の山と、五色沼、鎌沼などの池沼があり、磐梯吾妻スカイラインの通る浄土平(じょうどだいら)が利用の拠点となっている。

一方、西吾妻山域には西吾妻山(2,035m)、東大巓(ひがしだいてん)など、山頂近くまで樹林に覆われた山が多い。西吾妻スカイバレーなどの道路があり、天元台の登山リフトが稜線の直下まで登っている。全域の山麓に土湯、高湯、白布(しらふ)などの温泉地が多い。このあたりはこけしの故郷でもある。

写真:安達太良山・沼ノ平
[安達太良山・沼ノ平]

磐梯山(1,819m)は、明治21年の水蒸気爆発により山頂部の北側が大崩壊し、山麓の落に大きな災害をもたらした。このとき、長瀬川などがせき止められて檜原(ひばら)湖や五色沼などの湖沼群ができ、現在の磐梯高原を形成した。今、ここは、この公園きってのレクリエーションエリアとなっている。明るくのびやかな自然から、昔の悲劇を想像するのは難しい。

安達太良山(1,700m)は、『智恵子抄』に「あれが阿多多羅山 あの光るのが阿武隈川」と歌われた山で、山頂部は噴煙を上げ、荒涼とした火口原が広がる。山麓には岳(だけ)などの温泉がある。

猪苗代湖は面積103km2あり、我が国第4位の大きさを持つ湖である。数万年前に、やはり磐梯山の噴火により生じたといわれる。磐梯山周辺の植生は、積雪が比較的少ないこともあり、亜高山帯には山頂近くまでオオシラビソ林が広がり、雪田植生はあまり発達しない。また、火山活動の影響を受けたところには、アカマツ林も見られる。磐梯山西方の雄国沼には高層湿原が発達している。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク