本文へジャンプ

秩父多摩甲斐国立公園

写真:両神山
[両神山]

地図

首都圏南部に住む人が最初に登山を始める対象として、また、週末の軽いハイキングから沢登りや主稜線の縦走まで、さまざまなレベルで親まれているのが、関東平野の西を限るこの公園と、丹沢国定公園の山々である。都心の高層ビルから、どこまでも続く家並みの彼方に遠く望まれるこれらの山々は、見るたびに郷愁にも似た思いを呼び起こすものだ。

主稜線と前衛の山々

写真:秋の昇仙峡
[秋の昇仙峡]

公園区域は、奥多摩と奥秩父と呼ばれる山域を中心に、秩父山地の主要部を含む。昭和25年に秩父多摩国立公園として指定され、平成12年に今の名称に変更された。

地質は東部では、砂岩や石灰岩などの堆積岩、南西部は花崗岩などの火成岩からなる非火山性の山地である。高度は、最も高い奥秩父の主稜線は2,400~2,600mあり、主峰の金峰(きんぷ)山(2,599m)をはじめ、甲武信(こぶし)ヶ岳、国師(こくし)ヶ岳、雲取山などが連なり、最高峰は北奥千丈(おくせんじょう)岳(2,601m)である。この山域の山は、多くが山頂か、その直下まで樹林に覆われているが、岩が露出し、岩峰が林立する瑞牆(みずがき)山が西端にある。東端の三峰(みつみね)山は尾根上に三峰神社がある。

また、三峰山の西北には離れて、特徴のある山容の両神山がある。

主稜線の前衛となる多摩川上流部の奥多摩と呼ばれる一帯は、御岳(みたけ)神社のある御岳山をはじめ、大岳山、御前山、川苔(かわのり)山、三頭(みとう)山など、西が高く東に向かって次第に低くなる1,000~1,500mの稜線を連ねる。稜線の起伏はさほど大きくないが、山腹の傾斜はわりあい急な山々が多く、ポピュラーな登山コースとなっている。

この地域は多摩川、荒川、千曲(ちくま)川、富士川の源流にあたり、多摩川上流部は、東京都の水源林の役割を果たしている。多摩川やその支流の秋川、奥多摩湖などでは水辺で遊ぶ人も多く、キャンプ場などの施設が多い。また、南西部の花崗岩地域には、断崖に囲まれた深い渓谷があり、笛吹(ふえふき)川西沢や御岳(みたけ)昇仙峡(しょうせんきょう)など変化に富んだ景観をつくっている。

人工林と自然林の割合

写真:日原鍾乳洞
[日原鍾乳洞]

植生は、山麓部は広くスギ、ヒノキ、カラマツの人工林に置き換えられており、公園区域内の人工林の比率も40%以上と高い。しかし、中腹以上にはブナ、イヌブナ、ツガなどの、亜高山帯にはシラビソやオオシラビソなどの自然林が広がっている。標高が比較的低いため、高山帯は狭く、金峰山から国師ヶ岳にかけて、わずかにハイマツ群落があるだけである。また、日原(にっぱら)など石灰岩地域には、鍾乳洞があり、チチブミネバリなど、この地質に固有の植物が見られる。また、比較的急峻で深い谷と自然林は、動物たちのよいすみかとなり、ツキノワグマ、カモシカなどの哺乳類や、クマタカをはじめとする多くの鳥類が生息している。

峠と山里

写真:奥多摩の山里
[奥多摩の山里]

この公園の魅力として、稜線だけでなく、峠や山里を歩くこともあげられよう。山麓は、どこも人の息づかいが感じられる。秩父と信州を結ぶコメツガの森に覆われた十文字峠、中里介山(なかざとかいざん)の小説でも有名な大菩薩(だいぼさつ)峠、さらには雁坂峠、木賊(とくさ)峠、信州峠など、昔からの生活道であるが、近代登山の黎明期から岳人に好んで歩かれ、今もすぐれたハイキングコースである峠も多い。

旧街道に沿うひなびた集落や、急斜面にはりつくように人家と畑が散在する山村のたたずまいも、この地域の山に親しんだ人には、原風景として心に刻み込まれているのではないだろうか。

奥多摩は、東京へ通勤電車が直行する地域であり、首都に最も近い国立公園として、多くの人に利用されている。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク