本文へジャンプ

大山隠岐国立公園

写真:大山・剣ヶ峰
[大山・剣ヶ峰]

地図

大山は中国地方きっての名山であり、古くから修験の場でもあった。穏やかな準平原状の山が多い中国山地にあって、アルペン的な山容はひときわ異彩を放っている。伯耆(ほうき)富士の名も持つが、富士山型の姿は西側から見るときだけで、東西方向に鋭くそぎ落とされた峻険な稜線を持つため、南北及び東面からは荒々しい姿となる。

大山と三瓶(さんべ)山

写真:三瓶山・西の原
[三瓶山・西の原]

昭和11年、大山国立公園として指定され、38年に区域を拡張して現在の名称になった。中国地方の最高峰大山(1,729m)から蒜山(ひるぜん)にかけての山域と、隠岐諸島、島根半島及び三瓶山の4地域からなる。

大山は、その山容から多くの登山者があり、山麓のキャンプ場やスキー場とともに、年間を通して親しまれている。山頂付近にはダイセンキャラボクの群落があり、山腹には西日本屈指の規模を持つブナ林が広がる。利用拠点は、最も一般的な夏山登山道の出発点で、天台宗の古刹のある大山寺をはじめ、南東に盆地状の鏡ヶ成(かがみがなる)、西麓に桝水原(ますみずはら)などがある。これらの地点や大平原(おおなるばら)、船上山(せんじょうざん)、豪円山など山麓の要所を結ぶ環状道路があり、利用拠点への到達性はよい。登山道も整備されているが、弥山(みせん)から剣ヶ峰を経て天狗ヶ峰への主稜線と槍尾根は崩落が激しく、登山道から削除されている。

蒜山は、大山東南に尖峰を立てる烏ヶ山(からすがせん)から連なるなだらかな山塊で、上(かみ)、中(なか)、下(しも)蒜山の3山からなる。南麓には広大な蒜山高原があり、大山とは対照的に、ササ原の明るく牧歌的な自然が広がる。

三瓶山は島根県のほぼ中央部に位置し、男(お)三瓶、女(め)三瓶、子(こ)三瓶、孫(まご)三瓶などの7山が室ノ内と呼ばれる火口を環状に囲む。裾野には西の原などの草原が広がり、自然探勝をはじめ登山、キャンプ、スキーなど、多様な利用を楽しめる地区である。

島根半島と隠岐

写真:島前の小島で繁殖するオオミズナギドリ
[島前の小島で繁殖するオオミズナギドリ]

島根半島は、西部の出雲大社から日御碕(ひのみさき)にかけてと、外洋に面した北岸の東部一帯が公園区域である。出雲大社は、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る。現在の本殿は18世紀の造営である。大社造り、高さ24m、古代の神社の様式を伝える高床式の大建築であるが、かつてはより大きく、東大寺大仏殿などと並び称せられたという。平成12年、巨木3本を組んだ径3mもある柱が境内から出土し、この伝承を裏付けるものとして話題になった。

日御碕は半島の西の端で、日御碕神社があり、沖合の経(ふみ)島はウミネコの繁殖地である。

東部海岸は半島東端の地蔵崎、美保関などを含み、古くから隠岐への交通の拠点であった。北岸の美保の北浦は、地蔵崎から七類まで約8kmのリアス海岸で、高さ120mの出雲赤壁を中心に、多数の小島や岩礁、海食洞などがある。また、中北部には多古(たこ)の七つ穴や、高さ40m長さ200mに達する加賀の潜戸(くけど)など、大規模な海食洞がある。

写真:西ノ島・国賀海岸の摩天崖
[西ノ島・国賀海岸の摩天崖]

隠岐は島根半島の北東海上にあり、大小180余りの島からなる。島前(どうぜん)と島後(どうご)に分かれ、島後は一つの島だが、島前は西ノ島、中ノ島、知夫里(ちぶり)島の3島が環状に配列しており、それに小島嶼(とうしょ)が加わる。これは火山活動によって生まれたカルデラが海没した結果である。西ノ島西岸の国賀(くにが)海岸は、摩天崖(まてんがい)を中心に高さ100~250mの雄大な海食崖が続く。通天橋などの洞門もあり、隠岐一番の景勝地である。そのほか、知夫里島の知夫赤壁などが知られる。

島後は隠岐最大の島で、北端の白島(しらしま)海岸は、高さ50~200mの断崖が約4km続き、沖合の小島とともに明るい風景をつくっている。海中景観にも見るべきものがあり、隠岐に4ヵ所と島根半島西部1ヵ所、計5ヵ所の海域公園地区が指定されている。

また、隠岐は後鳥羽上皇、後醍醐天皇や平安歌人の小野篁(おののたかむら)らが遠流された地でもあり、関係する史跡も多い。

一木一石運動

写真:一木一石運動の様子

大山の山頂は、かつては草原であった。しかし、登山者が集中する弥山の山頂などは、踏みつけにより植物が消え、裸出した土壌が流失するようになった。

そのため、昭和60年に地元の保護団体と行政機関により「大山の頂上を保護する会」が結成され、「一木一石運動」が開始された。これは、登山の際に皆が石を運び上げ、山頂の植生を取り戻そうとする運動である。成果は上がり、山頂に緑が戻りつつあるが、活動はまだ続いている。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク