本文へジャンプ

富士箱根伊豆国立公園

写真:長尾峠から望む仙石原
[長尾峠から望む仙石原]

地図

広大な裾野から優美な曲線を描いて次第に高まり、白雪をいただく山頂が鮮烈に空を截って立つ。富士山は多くの日本人にとって、単に日本の中心部に立つ最高峰という以上に、心の奥深くに根ざし、精神的な意味をも持っている山である。だが、これは決して日本人だけの感覚ではないようだ。幕末に日本に来たイギリスの外交官ミットフォードは、着任の翌日に横浜から富士山を見たときの名状しがたい興奮が、生涯消えることはないだろうと記している(『ある英国外交官の明治維新』による)。富士は、日本の象徴として世界に通じる名山なのである。

人気ナンバーワンの公園

写真:富士山と山中湖
[富士山と山中湖]

日本の国立・国定公園中、最も訪れる人の多い公園である。この地域については、明治44年(1911)、帝国議会で富士山を中心とする地域を国設の公園にしようとする「国設大公園設置ニ関スル建議」が提出され、可決された経緯がある。国立公園設置に向けての、国レベルでの最初の動きであるが、実現したのは昭和11年であった。このときの区域は富士山と箱根地区のみで、名称も富士箱根国立公園であり、その後30年に伊豆半島を加えて今の名称になった。また、39年には国定公園だった伊豆七島を編入している。

富士山(3,776m)は成立の新しい火山で、近世まで活動していたため、高山植生は乏しい。ハイマツもなく、低木状のカラマツが高所まで登っている。山頂への登山道は4本あるが、富士スバルラインと富士山スカイラインが標高2,300~2,400mの5合目までつけられているので、一般にはこの5合目から出発することが多い。

北麓の青木ヶ原樹海は貞観6年(864)の噴火の際、流れ出した溶岩流の上に成立している。ツガ、ヒノキ、ミズナラ、ブナなどからなる森林で、地表には溶岩樹形や洞穴が見られる。北麓の富士五湖も火山活動によって生まれた湖沼群である。また、西南から西麓にかけては白糸の滝や田貫(たぬき)湖、朝霧高原がある。

箱根地域

写真:磯の観察会
[磯の観察会]

箱根火山群は三重式火山である。新旧二つの外輪山をつくる金時山や明神ヶ岳など、中央火口丘の神山(1,438m)や駒ヶ岳など、噴気のある大涌谷(おおわくだに)、火口原の仙石原、泥流によりせき止められた芦ノ湖と、典型的な火山地形がコンパクトに集合している。湯本、強羅(ごうら)、塔ノ沢など、温泉も豊富である。

箱根は古くは修験道の地であり、また、東西交通の要衝であったが、風光のすぐれていることは江戸時代から知られていた。明治になると、横浜に居留する外国人に保養地としての評価が定まり、発展した。戦後の復興期には有料道路、ロープウェイをはじめ、宿泊施設、ゴルフ場などが急速に増えた。日本有数の保養地である。

伊豆地域

伊豆半島は、海岸線と天城連峰などが区域に含まれる。相模湾に面する半島の東岸は海岸線が単調で変化に乏しいが、城ヶ崎海岸や南端の石廊(いろう)崎には、海食崖が発達している。一方、駿河湾に面する西岸は、海食崖や砂浜、溺れ谷などがあって島も多く、変化に富んでいる。波勝(はがち)崎の海食崖は高さ250mに達し、堂ヶ島は岩礁の多い断崖である。公園内や近隣に伊東、熱川(あたがわ)、湯ヶ島など温泉が多い。

天城連峰は万三郎岳(1,405m)を最高峰とし、万二郎岳、遠笠山などを連ねる山群である。天城峠の東側にはブナ林があり、八丁池はモリアオガエルの生息地として知られる。

伊豆諸島は大島から八丈島までの伊豆七島で、いずれも火山島であり、大島の三原山と三宅島の雄山(おやま)は今も活動している。各島とも温暖な気候と豊かな海が魅力である。御蔵(みくら)島南岸には、高さ480mに達する日本最大級の海食崖がある。

鳥類では、アカコッコとイイジマムシクイの主要な繁殖地である。

パークボランティアの活動

写真:パークボランティアの活動

国立公園で、来訪者にマナーの向上を呼びかけ、自然観察を手助けしたり、美化清掃活動や施設の簡単な維持補修などの作業に広く大勢の人の協力を求めるため、環境省では昭和60年からパークボランティアの制度を始めた。

現在、全国の国立公園の37地区で、1,600名以上が活動している。パークボランティアは各地方環境事務所が募集・登録し、地区の自然保護官による指導の下に、多岐にわたる活動を行っている。(H24年度)


※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク