本文へジャンプ

伊勢志摩国立公園

写真:英虞湾
[英虞湾]

地図

衛星画像で見るリアス海岸は美しい。小さな半島と湾入が繰り返され、半島にはさらに小さな出入りが、シダの葉か雪の結晶の切片のように精緻に複雑に、海との境界を区切っている。

数多い日本のリアス海岸の中で、伊勢志摩の海岸は、とりわけ繊細な美しさを持つものの一つであり、構成要素のスケールが大きく豪壮な陸中海岸と好対照をなしている。ともにかけがえのない日本の自然である。

志摩半島

写真:夫婦岩
[夫婦岩]

紀伊半島東岸の付け根にある志摩半島と、伊勢神宮を含む公園で、戦後間もない昭和21年に指定された。

志摩半島は紀伊山地が海に沈むところである。海岸線は出入りの複雑なリアス海岸で、北から鳥羽湾、的矢(まとや)湾、英虞(あご)湾、五ヶ所湾などの湾入部が並ぶ。

公園区域の北部には二見浦(ふたみがうら)がある。長さ約6kmの砂浜で五十鈴(いすず)川の河口に近く、伊勢神宮参拝の禊(みそ)ぎ場であり、また、歌枕として名高い。東端の立石崎近くの沖に、大しめ縄で結ばれた夫婦岩がある。海中にある興玉神社神石の鳥居である。夏至を中心とした春から夏にかけて、岩の間から朝日が昇るのが見られる。

鳥羽湾は、実際は、答志(とうし)島と菅島など平行する2列の島に挟まれた水道で、奥が閉じた湾ではない。この島列の先には、渥美半島の伊良湖(いらこ)岬(三河湾国定公園)がある。

英虞湾は、先志摩半島によって外洋と隔てられ、西向きに開いた深く複雑な入江で、この公園随一の景勝地である。小さな半島は木の枝のように出入りがあり、波静かな湾内には天童島など60余の島嶼(とうしょ)があって、繊細で優美な多島海景観を展開する。海面に浮く真珠貝養殖の筏(いかだ)は、この地の風景には欠かせないものだ。人文景観としては、潜水してアワビなどを獲る海女(あま)の活動も、この公園の添景である。

英虞湾の展望地としては、湾奥の登茂(とも)山、北西の横山などがすぐれている。賢(かしこ)島は湾奥の島で、2つの橋と近鉄志摩線で本土と連絡しており、英虞湾の利用の中心地である。

五ヶ所湾は、カエデの葉のように入り組んだ形から楓江(ふうこう)湾ともいわれる。湾口西側の南海展望公園から一望できる。これより西は山地が海岸に迫り、海岸線はこれまでと比べて幾分単調になる。

公園内の交通は、鳥羽市今浦と志摩を結ぶパールロードや、山道の伊勢志摩スカイラインなどがある。鳥羽には、伊良湖岬からフェリーも通っている。スカイラインが通る朝熊(あさま)山には、空海が天長2年(825)に開基したと伝えられる金剛證寺(こんごうしょうじ)があり、山上園地からの展望がよい。

伊勢神宮

写真:伊勢神宮
[伊勢神宮]

伊勢神宮は、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る皇大神宮(内宮(ないくう))と、豊受大神(とようけのおおかみ)を祀る豊受大神宮(外宮(げくう))、それに多数の別宮などからなり、内宮と外宮は伊勢市内に約5km離れて鎮座する。天照大神は皇祖神であり、国内総鎮守とされる神、また、豊受大神は食物をつかさどる神である。

内宮、外宮ともに正殿は、古来の形式が伝えられる唯一神明(ゆいつしんめい)造りで、2本の棟持柱で茅葺き屋根を支える白木造りの簡明な構造である。7世紀の持統天皇の代に始まった式年遷宮(しきねんせんぐう)によって、20年ごとに古式に則って建て替えられる。前回は、平成5年に第61回の遷宮が行われた。一連の祭事は8年間かかり、次回平成25年の第62回遷宮に向けての行事は、17年5月の山口祭を皮切りにすでに始まっている。正殿は4重の垣によって囲まれており、一般参拝者が入れるのは板垣の内、外玉垣の南御門までである。

神宮林

写真:神宮林
[神宮林]

伊勢神宮内宮の後背に広がる面積約5,500haの宮域林は、「神宮林」と呼ばれる。神路山、島路山、前山の一帯で五十鈴川の水源である。かつては遷宮の際の用材が生産されていたが、現在用材は主に県外から調達している。

将来に備えて区域の一部はヒノキの人工林であるが、森林の一部は伐採せず、シイ、タブノキ、ヤブツバキなど照葉樹の自然林として維持されているため、トキワマンサクやジングウツツジなどの希少種も見られる。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク