本文へジャンプ

上信越高原国立公園

写真:浅間山
[浅間山]

地図

浅間山といえば、すぐに島崎藤村や北原白秋の作品を連想する人が少なくない。「暮れ行けば浅間も見えず歌哀し佐久の草笛」(藤村)、「からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き。からまつはさびしかりけり。たびゆくはさびしかりけり。」(白秋)。

また、堀辰雄や立原道造を想起する人もあるだろう。佐久とか千曲(ちくま)川と人がいうとき、あるいは落葉松や高原という言葉にあってさえ、それによって喚起されるイメージの背後には、しばしば山巓に噴煙をまとわりつかせた浅間がある。そして、そのような心象の中で、詩人の心の幽かなそよぎが、読む人に伝わるのだ。

山と高原の国立公園

写真:寺子屋スキー場と岩菅山
[寺子屋スキー場と岩菅山]

山岳と高原の国立公園である。上越国境から浅間にかけての山々が、戦後間もない昭和24年に指定され、31年に区域が拡張され、西北に離れた妙高・戸隠(とがくし)地域が加わった。妙高・戸隠地域は、平成27年3月に分離・独立し、新たに国立公園として指定された。

上越国境の山地は、東から谷川岳(1,978m)、苗場(なえば)山(2,145m)、岩菅山(2,295m)、志賀高原、本白根山(2,171m)を経て、この公園の最高峰浅間山(2,568m)に至る。吾妻(あづま)川を弧状に抱くような配置であるが、一つながりの山地ではなく、成因や地質はさまざまである。

写真:谷川岳
[谷川岳]

谷川連峰は、急峻な山腹と幅広い稜線が対照的な姿の山地で、標高は低いがアルペン的な山容を持ち、一の倉沢をはじめとする切り立った谷壁は、多くのロッククライマーを引きつけてきた。苗場山から志賀高原に至る一帯は、古い火山が基盤になってできている。このうち苗場山の山頂部は平坦な溶岩台地で、池塘の多い高層湿原となっている。また、志賀高原は志賀火山の溶岩流がつくったものであり、ここにも高層湿原がある。

火山性の山々

白根山と浅間山は活動中の火山である。白根山は頂部に火口湖の湯釜があり、周辺に火山荒原が広がる。また、本白根山には火口湖の鏡池や弓池がある。

浅間山は日本有数の活火山で、近世以降も噴火を繰り返し、山麓に大きな災害をもたらしてもいる。黒色の溶岩が幅1.5kmにわたって累々と重なる北麓の鬼押出しは、天明3年(1783)の大噴火の際のもの。南麓の溶岩台地上にある軽井沢は、明治初期から避暑地として有名である。

浅間山の北西には独立峰の四阿(あずまや)山があり、西方の溶岩台地に菅平がある。

多様なレクリエーションエリア

これら多くの火山の裾は、一般にゆるやかな地形であり、車で行ける場所が多い。公園全体として、原始性の高いところは少なく、むしろレクリエーションエリアとしての性格を強く持っている。志賀、菅平、鹿沢(かざわ)などの高原は、いずれもすぐれた夏季の保養地である。

また、日本海型気候の影響を受けて積雪の多い地域には、万座、谷川、苗場、志賀など、多くの著名なスキー場がある。火山活動の盛んな地域であるだけに温泉地も数多く、草津、四万(しま)、法師(ほうし)、野沢などがある。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク