本文へジャンプ

釧路湿原国立公園

写真:湿原の縁を走るSL
[湿原の縁を走るSL]

地図

丘陵の木々はあでやかな錦を織り、傾いた秋の日を受けて鮮烈に燃え立っている。丘陵の重なりの彼方に見える阿寒の連山は青く霞み、茫々と広がる大湿原のアシの穂は、一面銀色の大波となってうねる。タンチョウの声が響き、遠く隊列を組んだオオハクチョウが、白い光点となって行く。雪がすべてを包み、多くの生命が長い眠りにつく直前、壮麗な中にさびしさを秘めて、湿原が輝く。

タンチョウのすむ湿原

写真:タンチョウ
[タンチョウ]

釧路湿原を保全するために昭和62年に指定された湿原中心の国立公園である。

釧路湿原の形成には2万年近い歴史があるが、現在のような形になったのは約3,000年前と考えられている。湿原の約80%は低層湿原で、中間湿原と高層湿原は限られた部分にわずかにあるにすぎない。従って、植生は大部分がアシ・スゲ類からなり、これが釧路湿原の景観を特徴づけている。また、湿原の東側には、かつてここが海だった時代の名残として、塘路(とうろ)湖、シラルトロ沼、達古武(たっこぶ)湖という、3つの海跡湖がある。

稲作ができない寒冷な気候条件と、たびたび氾濫する釧路川や雪裡(せつり)川などの河川が、釧路湿原を明治以降も開拓から守ってきたのである。太平洋戦争後、国はサロベツ原野とともに釧路湿原をも排水・干拓して農耕地として活用する構想を持ち、調査を進めた。しかし、いろいろな事情から大規模な開発に着手されないまま、サロベツ原野に続いて湿原主要部の公園指定への道が開けたのである。

湿原に生育する植物は約200種あり、中には、クシロハナシノブのように釧路の名を持つものもある。

動物ではタンチョウの主要な繁殖地の一つである。一度は国内から絶滅したと思われたタンチョウが、大正13年に再発見されたのも釧路湿原であった。辛うじて生き残っていたその小群は、わずか20~30羽にすぎなかったが、その後の手厚い保護策が奏功して、個体数は順調に回復してきた。

そのほか、キタサンショウウオ、イイジマルリボシヤンマ、エゾカオジロトンボは、日本ではここでしか知られていない。釧路川にはかつてイトウが数多く生息し、また、シシャモが産卵のために遡上していた。しかし近年、資源量はともに大幅に減少してしまった。

湿原の探勝

写真:細岡展望台からの落日
[細岡展望台からの落日]

釧路湿原を概観するのは、JR釧網(せんもう)本線の列車に乗ることによっても可能である。細岡から塘路を経て茅沼(かやぬま)のあたり、列車は湿原の東側の縁を、地形に沿って丹念に屈曲しながら、あるところでは湿原に敷かれた築堤を渡って進む。季節によっては、車窓からタンチョウやオオハクチョウを見ることもできる。

湿原周辺の台地には、東側の細岡と西側の北斗に展望台があり、釧路湿原が望まれる。湿原内部の探勝には、釧路と阿寒湖を結ぶ道々53号線沿いの温根内おんねないビジターセンターに、延長2kmほどの木道が併設されている。達古武湖にも木道があり、また、釧路川をカヌーで探勝することもできる。

写真:カヌーで下る釧路川
[カヌーで下る釧路川]

展望台から望む湿原は、広大なアシやスゲ類の草原と、周辺部や湿原の各所に点在するハンノキの林、その間を縫って奔放に蛇行しながら流れる河川が印象に残る。東側から見れば、低くうねる丘陵の彼方に、阿寒の山々も望むことができ、落日の風景は日本ではほかに比類がない。しかし、これまでの湿原周辺部の開発により、湿原の減少や土砂の流入による乾燥化など急激な変化が現れており、多様な主体が連携して自然再生事業に取り組んでいる。また、釧路市北斗に釧路湿原野生生物保護センターが置かれ、湿原の仕組みなどが展示されている。

ラムサール条約

湿地を保全するための多国間条約。はじめ水鳥の生息地保全を目的としていたが、現在は、水田なども含め広く湿地全体の保全を目的とする。日本は昭和55年に加盟、現在釧路湿原、尾瀬など46ヵ所(H24.7月現在)を登録している。

登録により、国にはその湿地の保護の責務が生じるが、保護のためには、自然公園法、鳥獣保護法、文化財保護法など、国内法の体系を適用することが必要である。ラムサールは、条約が採択された会議の開催地イランの地名。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク