本文へジャンプ

尾瀬国立公園

写真:尾瀬ヶ原
[尾瀬ヶ原]

地図

NHKのラジオ歌謡で「夏の思い出」(江間章子作詞、中田喜直作曲)が放送されたのは、昭和24年である。この年はまた、尾瀬ヶ原の下手にダムを築き、原全面を水没させて貯水池とする構想が論議を呼んだ年でもあった。戦後まだ4年、停電が続く貧しい時代で、尾瀬を知る人もごく少なかった。当時の新聞社説の「電気か、コケの保存か」という見出しからは、この時代の空気の一端を察することができる。

遙かな尾瀬には、多くの人や機関・団体が関わった保存への努力の長い歴史がある。

自然保護運動の原点・尾瀬

写真:ミズバショウ
[ミズバショウ]

日光国立公園に含まれていた尾瀬地域に、その北に続く会津駒ヶ岳と東方の田代山・帝釈(たいしゃく)山地域を加えて平成19年8月に誕生した29番目の国立公園である。新しい国立公園の誕生は、昭和62年の釧路湿原以来20年ぶりである。

福島、群馬、新潟の3県にまたがる尾瀬は、本州最大の高層湿原尾瀬ヶ原、只見川の源流である尾瀬沼と、燧(ひうち)ヶ岳(2,356m)、至仏(しぶつ)山などを含む地域である。静謐をたたえた美しい風景と、多様な湿原植物や北方系昆虫などの生育・生息地としての高い学術的価値を併せ持つ、日本の自然を代表する場所の一つである。

尾瀬ヶ原は標高ほぼ1,400m、東西約6km、南北約1km、面積約760haの湿原である。周辺を山に囲まれた盆地状の地形で高層湿原が高い比率を占め、ヒメシャクナゲ、ナガバノモウセンゴケなどの湿原植物が、また、池塘にはオゼコウホネなどが生育する。エゾイトトンボなど北方系のトンボの種類も多い。湿原を流れる河川の岸には幅の狭い樹林帯(拠水(きょすい)林)がよく発達しており、風景に変化を与えている。尾瀬の水を集めた只見川は、平滑(ひらなめ)ノ滝と落差90mの三条ノ滝を作って奥只見に流れ出て行く。

尾瀬沼は水面標高約1,665m で、燧ヶ岳の噴火によって生まれたせき止め湖である。湖岸の湿原には尾瀬ヶ原と同様にミズバショウやニッコウキスゲの群落が季節を飾り、また、湖面に影を落とす燧ヶ岳がまとまりのよい、すぐれた風景をつくっている。

至仏山は尾瀬ヶ原の西にある蛇紋岩質の山で、オゼソウ、ホソバヒナウスユキソウなど希少植物が多い。近年登山者の増加に伴い、登山道の荒廃が植生に影響を及ぼすに至っており、現在東面登山道の下りの利用は禁止されている。

尾瀬の水利権が最初に許可されたのは大正時代であるが、その後昭和初期から40年代まで、電源開発や水利用、さらには道路建設の計画を巡って、幾たびも激しい論議が繰り返されてきた。その意味で尾瀬は、日本における自然保護運動の原点ともいえる場所である。これらの経緯をふまえて、尾瀬の適正な利用の推進や施設の管理運営、環境保全対策などを行うため、平成7年に尾瀬保護財団が設立され、活動している。

なお、尾瀬ヶ原では近年ニホンジカによる湿原植物への食害が発生しており、対策が検討されている。また、御池(みいけ)~沼山峠間と津奈木~鳩待峠間でマイカー規制が行われている。

写真:会津駒ヶ岳
[会津駒ヶ岳]

会津駒ヶ岳と田代山・帝釈山

写真:田代山
[田代山]

今回新たに国立公園に編入された会津駒ヶ岳及び田代山・帝釈山地域の山麓から中腹にかけては、自然性の高いブナやオオシラビソの森林が広がる。

会津駒ヶ岳の山頂周辺の幅広い稜線上には湿原が散在し池塘が多く、ハクサンコザクラなどの雪田植生が見られる。また、田代山・帝釈山は福島・栃木県境にあり、田代山の山頂は広さ20haほどの平坦な地形で、キンコウカの多い高層湿原となっている。これらの地域は、尾瀬と景観の同一性、自然環境や利用状況が一体であることなどにより、一つの国立公園として指定されたものである。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク