本文へジャンプ

利尻礼文サロベツ国立公園

写真:鬼脇登山道から仰ぐ利尻山
[鬼脇登山道から仰ぐ利尻山]

地図

海を見渡す桃岩の断崖の上は、花の咲き乱れる草原。目もあやに咲き競う無数の花の中には、この島でないと目にすることのできない、固有の種類も多い。

それから、地平線がまっすぐに空と陸を画する広大な原野。エゾカンゾウが湿原を橙黄色に埋めるその向こうに、ただ1ヵ所、鋭く空を切って立つ山の頂。ここには北方的雰囲気のあふれる自然がある。

さいはての花の島

この公園は、利尻・礼文両島とサロベツ原野一帯からなる、日本最北の自然公園である。

写真:礼文島から眺める利尻山
[礼文島から眺める利尻山]

利尻島は稚内(わっかない)市西海岸の南西約30kmにあるほぼ円形の島で面積182km2、中央に利尻山(1,721m)がそびえる。利尻山はもともとは成層火山であり、海岸に向かって長く裾を引いているが、山頂部は強風と雨雪による激しい浸食により変形し、鋭い岩峰が林立する荒々しい姿となっている。

植生は、海岸から標高約500mまではトドマツを主とする針葉樹林、その上部は低木林で、高度約1,000mより上部には随所に高山植物群落がある。

固有種のリシリヒナゲシは、日本の野生のケシとして唯一の種であり、ほかにボタンキンバイなどの希少種も見られる。

公園区域は利尻山の中腹以上と、鴛泊(おしどまり)、沓形(くつがた)からつけられた2本の登山道周辺、鬼脇及び姫沼、オタドマリ沼、沓形岬など山麓と海岸の景勝地が含まれる。

写真:レブンアツモリソウ
[レブンアツモリソウ]

礼文島は利尻島の北西約8kmにあり、面積82km2の南北に細長い島である。利尻島とは対照的に非火山性の島で、全体が丘陵状であり、最高点は礼文岳(490m)である。西岸には海食崖があって風衝性の高山植物群落が発達し、特に南端の桃岩周辺には見事なお花畑が広がる。礼文島の植物には、レブンアツモリソウ、レブンソウなどの固有種をはじめ、レブンウスユキソウ、レブンコザクラなど希少種がきわめて多い。

サロベツ原野

サロベツ原野は釧路湿原とともに日本に残る数少ない大湿原である。サロベツ川流域に発達したもので、低層湿原が大部分を占める釧路湿原と異なり、サロベツは高層湿原の割合が高く、国内ではほかに尾瀬と大雪山にしかないナガバノモウセンゴケが生育している。

特徴的な動物としては、コモチカナヘビの生息が知られる。また、湿原の南寄りにあるペンケ沼、パンケ沼の2湖沼は、周辺にアシ・スゲ類が生える低層湿原や中間湿原が広がり、ガンやカモ類など水鳥の渡りの中継地として重要である。

サロベツ原野はかつて農用地として開発する計画があり、調査が進められ、一部は土地利用が進んでいた。しかし、かつて無用の土地とされた湿原の価値が認められ、保護の気運が高まるとともに、国定公園であった利尻・礼文両島と合わせて、主要部が昭和49年に国立公園に指定されたのである。

写真:稚咲内砂丘林
[稚咲内砂丘林]

サロベツ原野西側の海岸には稚咲内(わかさかない)砂丘林がある。数列の砂丘が海岸線と平行に並び、全体の幅は約800m、延長約35kmもある。砂丘上にはミズナラ、エゾイタヤ、トドマツなどの森林が発達し、砂丘列の間の低地には大小100以上の池沼や湿原が続く、特異な景観をつくっている。

サロベツの主な利用地点はサロベツ原生花園とパンケ沼畔である。車道が通じ、両地区にビジターセンターがある。また、稚咲内砂丘林には歩道があり、実際以上に奥深い感じのする北方森林の静けさを味わえる。乾燥しつつある湿原では、その保全・再生と周辺農業の共生を目指して自然再生事業が実施されている。

高層湿原と低層湿原

泥炭が水中で堆積し、地表面が水面より低いものを低層湿原、堆積が進んで地表が水面より高くなったものを高層湿原、中間段階のものを中間湿原という。低層湿原は富栄養性で大型のアシ、スゲ類、ハンノキが育ち、高層湿原は貧栄養性でミズゴケを主に、モウセンゴケ、ミカヅキグサなど小型の植物が優占する。一般に湿原の川沿いや周辺部は低層湿原が、川や周辺山地から流入する水の影響がない中央部に高層湿原が発達する。

写真:ミズゴケとモウセンゴケ(高層高原)
[ミズゴケとモウセンゴケ(高層高原)]

写真:アシ原(低層高原)
[アシ原(低層高原)]

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク