本文へジャンプ

西海国立公園

写真:白砂が美しい高浜(福江島西岸)
[白砂が美しい高浜(福江島西岸)]

地図

九州の西岸には、多くの群島がある。この公園に含まれる九十九(くじゅうく)島や五島列島、雲仙天草国立公園の天草諸島が代表的であるが、ほかに佐賀県の東松浦半島の周辺にも島が多い。また、鹿児島県西方の甑(こしき)島列島も数えることができる。古くから日本歴史に登場する地域であり、数々の光と影を内に秘めた自然がある。

これらの島は、いずれも山地が沈水したもので、入り組んだ海岸線を持ち、すぐれた多島海景観が展開する。九十九島は小島の密集度では日本一とされる。

九十九島と平戸

写真:九十九島
[九十九島]

佐世保から平戸にかけての九州北西部の海岸域と、五島列島を区域とする公園で、昭和30年に指定された。

九十九島は佐世保市沖の南九十九島と、佐々浦から平戸にかけての北九十九島に分けられ、合わせて208の島からなる。照葉樹の濃い緑に覆われた島々と、青く澄みきった海の対比は鮮やかで、海上遊覧に人気がある。陸上からも弓張岳、烏帽子(えぼし)岳、石岳など、海岸沿いの溶岩台地上に展望台があり、小島の密集する景観を俯瞰できる。鹿子前は、この地域の利用拠点であり、多くの施設がある。

写真:塩俵の断崖
[塩俵の断崖]

平戸島は生月(いきつき)大橋によって生月島と、平戸大橋によって九州本土と、それぞれ連絡している。大橋のかかる平戸の瀬戸が平戸港で、かつて宋・明時代の中国やヨーロッパとの交易の拠点として、オランダ商館などがあったところである。また、倭冦もこのあたりを基地にしていた。

両島とも西海岸に海食崖が発達し、生月島北西部の塩俵(しおだわら)の断崖には、大規模な柱状節理(ちゅうじょうせつり)が見られる。内陸部では、平戸島の最高峰安満(やすまん)岳(535m)や、草原が広がる川内峠が展望地点である。九十九島をはじめ北九州の山地や玄界灘、さらに遠く壱岐まで望むことができる。また、南端の志々伎(しじき)山(347m)は、槍ヶ岳に似た尖峰を立てる特異な山容が航海の目標となり、山麓には肥前風土記にも登場する志々伎神社がある。

外洋性多島海の五島

写真:嵯峨ノ島
[嵯峨ノ島]

五島列島は、東シナ海に面する日本唯一の外洋性多島海である。大小250以上の島からなる。海岸線は屈曲に富み、特に中通(なかどおり)島と若松島の間の若松瀬戸は、断層による長さ14kmの狭い水道に小さな岬が多数張り出し、小島や岩礁も多いきわめて複雑な地形を示す。

福江島は五島最大の島である。西端の大瀬崎は、高さ100~160mの海食崖が連なり、五島随一の景勝の評がある。背後の玉之浦湾は長さ10kmに及ぶ深く入り組んだ湾である。東南部の鬼(おん)岳、火ノ岳などの山群は火山活動によって生まれた山で、鬼岳は全面シバ草原となっており、展望がよい。南麓の鐙瀬(あぶんぜ)海岸は溶岩流が海に入ったところである。また、西北海上にある嵯峨ノ島の断崖は、海食によって火口の断面が露出することで知られる。

五島は、長崎から隠れキリシタンが移住したところでもあり、今も各地に教会が多い。福江島北部の堂崎教会は、明治41年に改築されたもので、五島最初の洋風建築であり、内部に禁制時代の資料が展示されている。また、同島の三井楽(みいらく)は、中通島の青方などとともに、遣唐使船が東シナ海を渡る際に順風を待った港である。

小値賀(おじか)島西方の斑(まだら)島の甌穴(おうけつ)(ポットホール)は、深さ3m径2mの穴に径40cmもある大きな球形の石が入っており、「玉石様」と呼ばれて信仰の対象となっている。

この公園の利用は、陸上や海上からの風景の探勝のほか、五島では釣りやダイビングなどを楽しむ人も多い。造礁サンゴやヤギ類の多い五島市沖の竹ノ子島などの海面と、若松瀬戸に海域公園地区が指定されている。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク