本文へジャンプ

山陰海岸国立公園

写真:鳥取砂丘
[鳥取砂丘]

地図

地図上で見る山陰海岸は、大きな海岸線の出入りがなく、かなり単調に見える。しかし、現地に立ってみると、小さな出入りが非常に多いことに気づく。また、場所ごとに地質や地層の違いなどに応じて、岩肌の色が違ったり、植生に特徴があったりして、それぞれ独自の風景をつくり出しているのがわかる。そして、西日本のほとんどすべての国立公園がそうであるように、ここにも人の営みの長い歴史が刻まれている。

変化に富む海岸地形

写真:浦富海岸
[浦富海岸]

奥丹後半島基部の京都府網野海岸から鳥取砂丘まで75kmにわたり、変化に富んだ海岸地形を持つ公園で、昭和38年に国定公園から昇格指定された。

東から京都府の久美浜(くみはま)湾、兵庫県円山(まるやま)川下流部の城崎(きのさき)温泉と玄武洞、竹野、香住(かすみ)、浜坂海岸、鳥取県の浦富(うらどめ)海岸を経て鳥取砂丘に至る。

網野海岸の西部は、白砂の浜が2kmにわたって続く浜詰海岸である。西に続く久美浜湾は、湾口に東から張り出した小天橋(しょうてんきょう)と呼ばれる長さ7kmの砂州があり、外洋から隔てられて、実質的には潟湖になっている。

城崎は円山川に沿う温泉で、志賀直哉の『城崎にて』や『暗夜行路』の舞台になった、山陰を代表する温泉である。城崎の上流には玄武洞がある。高さ35m、幅70mの洞窟であり、玄武岩の名は、この洞窟をつくる岩からつけられたものである。

円山川河口西側に竹野海岸がある。竹野浜を中心に、はさかり岩、淀の洞門などがある。猫崎半島は、ネコがうずくまった形からの命名で、タブノキやツバキなどの照葉樹林に覆われ、遊歩道があって半島先端から海岸が一望できる。

写真:竹野海岸でのスノーケル教室
[竹野海岸でのスノーケル教室]

香住海岸は公園のほぼ中央部に位置し、起伏に富むリアス海岸である。高さ65mの断崖が200mも続き、傾斜した柱状節理(ちゅうじょうせつり)が鎧(よろい)を思わせる鎧ノ袖をはじめ、但馬松島などの奇岩や洞門が多い。その西に続く浜坂海岸は但馬御火浦(たじまみほのうら)を中心に、岩礁や洞門が続く。浜坂港と西洞門の間にある諸寄(もろよせ)海岸は、枕草子に『浜は有度(うど)浜』以下挙げられた6ヵ所の浜の一つである。

浦富海岸もリアス海岸で、海食崖や多数の小島がすぐれた風景をつくっている。この地域は香住、浜坂、網代の各港から遊覧船があり、海上からの探勝も可能である。

また、地域一帯は海水の透明度が高く、海藻群落が発達して、すぐれた海中景観が見られる。竹野、浦富などに海域公園地区が指定されている。

鳥取砂丘

写真:砂丘の植物
[砂丘の植物]

鳥取砂丘はこの公園の西端で、鳥取市の北東部に広がる。千代(せんだい)川の河口両岸にまたがり、駟馳(しち)山から白兎(はくと)海岸まで東西約16km、奥行きは約2kmある。全体は東から福部砂丘、浜坂砂丘、湖山砂丘の3つの群に分かれる。公園区域には河口の東側にある2群が含まれ、利用の中心になるのは河口寄りの浜坂砂丘である。

海岸砂丘として規模が特に大きいとはいえないが、高低差が大きく、大陸の砂漠のような、いかにも砂丘らしい景観が見られるのが特徴で、日本の砂丘を代表するものである。特に第2砂丘列は高度47mあり、眼前の白い砂丘と海の展望がよい。

砂丘には、すり鉢型の窪地や、バルハン(半月型の砂丘)が見られ、日本海からの風による精緻な風紋が興趣を添える。南側にある多鯰(たね)ヶ池は、砂丘の砂が川をせき止めてできたもので、緑に囲まれた美しい池である。池の近傍に施設が集中し、砂丘探勝の基地になっている。

近年、砂の供給量の減少や、植林、雑草の侵入などにより、砂丘の衰えが見られるようになった。そのため、一部保安林を解除するなどの措置がとられ、砂丘景観の維持に努めている。なお、砂丘の下には縄文期、弥生期などの遺物が埋まっている。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク