本文へジャンプ

支笏洞爺国立公園

写真:噴火する有珠山(平成12年)
[噴火する有珠山(平成12年)]

地図

支笏カルデラが誕生したのは約3万年前で、そのとき噴出した大量の火砕流は山麓を埋め、広大な平地をつくった。太平洋に流れ込んでいた石狩川もこのとき出口をふさがれ、日本海に向けて流路を変えた。

また、洞爺湖の周辺一帯には、有珠(うす)山や羊蹄(ようてい)山からの火山灰が堆積しているが、両者の性質の違いや場所による堆積物の厚さに応じて、栽培される農作物の種類も違っているという。火山は、風景の主役になるだけでなく、広い範囲にいろいろな影響を及ぼしている。

今も盛んな火山活動

写真:支笏湖
[支笏湖]

北海道の南西部に位置し、支笏、洞爺の2つのカルデラ湖を中心として、羊蹄山地域を加えた3地域からなる。近年に活動の記録のある火山が多い公園である。昭和24年に指定され、54年に一部区域変更を行っている。

公園の北端に近い無意根(むいね)山、札幌岳、空沼(そらぬま)岳などは、札幌市の南を限る山地であり、支笏湖へ続く、良好な自然林に覆われた山々である。豊平川上流の定山渓(じょうざんけい)温泉は、古くから札幌の奥座敷として知られていた。札幌から中山峠を越え、洞爺湖へ通じる国道がここを通過している。また、温泉の上流には豊平(ほうへい)峡の景勝地がある。

支笏湖はカルデラ内にできた湖で、面積78km2である。最大水深が360mと深く水量が多いため、通常は結氷しない。最北の不凍湖である。東岸の、千歳川の流出地点に近い支笏湖温泉に、ビジターセンターをはじめ利用施設が集中している。また、北岸に丸駒温泉がある。

湖の南東に樽前(たるまえ)山と風不死(ふっぷし)岳、北西に恵庭(えにわ)岳と、火山活動によって生まれたいずれも標高1,000mを超える山がある。恵庭岳は山頂付近に複数の火口があり、小規模ながら今も噴煙を上げている。西方の樹林中にはせき止め湖のオコタンペ湖がひっそりと静まっている。樽前山は、平らな頂部の中央に大きなドーム型の頂を持つが、これは明治42年の噴火のときに生まれた溶岩円頂丘であり、恵庭岳と同様まだ噴煙を上げている。また、風不死岳の西麓には苔の洞門として知られる渓谷がある。

洞爺湖と羊蹄山

写真:登別温泉にある大湯沼
[登別温泉にある大湯沼]

洞爺湖は面積71km2、湖中には溶岩円頂丘の中島がある。湖岸には平坦地が開け、集落や農耕地も多く、山が迫る支笏湖とは印象が異なる。南岸に洞爺湖温泉と壮瞥(そうべつ)温泉がある。

有珠山は長い休止期のあと、17世紀になってから活動を再開し、以降たびたび噴火している活火山である。近年では昭和52年と平成12年にも噴火して、山林や農地に被害を与え、近くの洞爺湖温泉などで住民が一時避難する事態になった。特に昭和52年の活動は大規模なもので、有珠新山を生じ、山頂の地形を大きく変えてしまった。また、それ以前の明治43年には四十三(よそみ)山を、昭和18~20年には東方山麓の平地に、麦畑や鉄道を押し上げて寄生火山の昭和新山をつくり出している。

登別温泉は全国有数の温泉地で、背後の地獄谷や大湯沼では噴気、噴湯などの現象が活発である。その東には倶多楽(くったら)湖がある。
小規模なカルデラ湖で湖面の直径2kmほどの円形をしており、流出河川も流入河川もない。

写真:洞爺湖から羊蹄山遠望
[洞爺湖から羊蹄山遠望]

羊蹄山(1,898m)は、整った円錐形の山容から蝦夷(えぞ)富士とも呼ばれる。この山の植生は、山麓や渓谷沿いにミズナラ、カツラなどの広葉樹林帯、その上部にエゾマツ、トドマツを主とする針葉樹林帯、次いでダケカンバ帯を経て高山のハイマツ帯まで、典型的な垂直分布が見られる。山頂部にはキバナシャクナゲ、イワギキョウなどの高山植物群落がある。西麓の半月湖は半月状に水を溜めた火口湖である。

公園内には、上記以外にも支笏湖、カルルスなど各所に温泉があり、それぞれ利用の基地となっている。また、この公園は札幌市や新千歳空港から近く、利用性がよい。変化に富んだ自然に対応して、多彩な利用が楽しめる公園である。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク