本文へジャンプ

十和田八幡平国立公園

写真:十和田湖
[十和田湖]

地図

ブナやトチノキやカツラがつくる天蓋を透過する光は、やわらかな明るさで空間を満たし、その中を澄んだ水が流れてゆく。穏やかに、しかし十分な勢いを持った奥入瀬(おいらせ)の流れは、小さな淵では静まり、早瀬では岩に当たって飛沫を散らし、白く泡立ちながら走る。岩には緑も鮮やかなコケがつき、小島には小さな木々が育つ。植物も岩も水も、すべてが調和した、繊細でみずみずしい風景が、新緑に紅葉にと、季節ごとに装いを替えて展開する。

十和田・八甲田地域

写真:八幡平山頂にある八幡沼
[八幡平山頂にある八幡沼]

昭和11年に十和田国立公園として指定された十和田湖、奥入瀬渓流、八甲田山を含む十和田・八甲田地域と、31年に編入された八幡平、岩手山、秋田駒ヶ岳を含む八幡平地域に分かれた公園である。

十和田湖は二重カルデラの清澄な湖で、面積は61km2、水深327mある。内壁は水際までブナ、カツラなどの落葉広葉樹林に覆われているが、湖内の小カルデラ壁にあたる御倉(おぐら)半島には断崖が立っている。

十和田湖の利用の中心は休屋(やすみや)で施設が集中し、子(ね)ノ口などと結ぶ遊覧船も発着する。湖岸沿いの園地には、十和田湖のシンボルともいえる高村光太郎の乙女の像が立つ。ほかに子ノ口、宇樽部(うたるべ)、生出(おいで)、大川岱(たい)が利用拠点である。湖面の展望地点としては瞰湖(かんこ)台、御鼻部(おはなべ)山などがあり、南のカルデラ壁上の発荷(はっか)峠からは、十和田湖の全景と八甲田山が一望できる。

奥入瀬川は十和田湖から流れ出る唯一の河川で、流出口の子ノ口から下流の焼山(やけやま)まで14kmが奥入 瀬渓流として知られる。十和田湖とともに、明治時代から文人大町桂月等により、日本屈指の景勝地として紹介されてきた、この公園の核心となるところである。国道とは別に渓流に沿って遊歩道があり、探勝の便が図られている。

八甲田山は八甲田大岳(1,585m)を最高峰とする山群で、青森市と十和田湖を結ぶ国道を挟み北八甲田と南八甲田に大きく分けられる。北八甲田は田茂萢(たもやち)岳にロープウェイがかかり、利用者が多い。南八甲田の駒ヶ峰、櫛ヶ峰などはなだらかな山頂に湿原を配した、静かな山である。山腹には広大なブナやオオシラビソの森林が広がる。酸ヶ湯(すかゆ)温泉に東北大学付属植物園があり一般に公開されている。明治35年、雪中行軍で青森歩兵第5連隊の199名が遭難死したことでも知られる山である。

八幡平地域

写真:田代岱付近から望む秋田駒ヶ岳
[田代岱付近から望む秋田駒ヶ岳]

八幡平地域は、岩手山(2,038m)を最高峰とする。火山活動により形成された山岳地帯であり、公園区域に一般集落をまったく含まない。岩手山は盛岡市からは富士山型の姿が望めるが、山頂西側は鬼ヶ城ドムなど複雑な構造を持つ複式火山であり、南部片富士の異名も持つ。東北側の山腹には、享保4年(1719)の噴火のとき流れ出した焼走り溶岩流がある。

写真:岩手山と焼走り溶岩流
[岩手山と焼走り溶岩流]

岩手山以外の山岳は地形がおおむねなだらかで、山麓にはブナを主に、カツラ、サワグルミなどの森林が広がる。亜高山帯は一般にオオシラビソの森林となるが、秋田駒ヶ岳(1,637m)はオオシラビソを欠き、ダケカンバなどの低木林になっている。稜線には湿原がよく発達し、八幡平山頂の八幡沼や乳頭(にゅうとう)山の東にある千沼(せんしょう)ヶ原は、代表的なものである。

八幡平は八甲田山とともに樹氷で知られ、春の山岳スキーの適地でもある。秋田駒ヶ岳は、コマクサやエゾツツジなど高山植物の宝庫として知られる。また、一帯は今も火山活動の盛んな地域であり、後生掛(ごしょがけ)や玉川温泉では噴気、噴湯などの現象が活発である。

公園内には、八甲田山周辺では酸ヶ湯、蔦(つた)など、八幡平地域では後生掛、網張(あみはり)、松川、玉川、乳頭温泉郷など各所に温泉があり、昔ながらの湯治場の雰囲気を残すところも少なくない。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク