本文へジャンプ

吉野熊野国立公園

写真:大台ヶ原から望む大峰山脈
[大台ヶ原から望む大峰山脈]

地図

紀伊山地の山並みは広い。谷は深く、谷筋に平野や盆地などの平坦地がほとんどない。この地域は日本有数の多雨地帯でもあり、全域が濃密な森林に包まれている。

このような山の深さこそ、熊野信仰を育んだ土壌となったに違いない。信者は全国から集まり、紀伊と伊勢の2方面から熊野へ向かった。旧熊野街道、いわゆる熊野古道を歩く人は、「蟻(あり)の熊野詣で」といわれるほど多かったと伝えられる。

この公園は原始性の高い地域でありながら、基底には、救済を求めた人々の徴(しるし)が、通奏低音のように響いている。

大峰・大台地域

紀伊半島中央部を南北に走る大峰山脈から大台(おおだい)ヶ原にかけての山地と、その中を深くえぐる熊野川(新宮川)とその支流北山川の峡谷、さらに尾鷲(おわせ)から潮(しおの)岬にかけての海岸を区域とする公園である。昭和11年に指定され、24年潮岬地区を、40年に洞川地区、50年に鬼ヶ城以北の海岸を追加した。

大峰山脈は紀伊半島の脊梁のような位置にあり、八剣山(仏経(ぶっきょう)ヶ岳・1,915m)を最高峰として壮年期の重畳たる山並みが続く。

山脈の北端に立つ吉野山は、7世紀に役行者(えんのぎょうじゃ)の開基以来、修験道の地として、また、南北朝時代の南朝の拠点として知られ、史跡が多い。金峯山寺(きんぷせんじ)の神木がサクラであることから、信者によって全山にヤマザクラが植えられた。一目千本といわれ、花時には壮観である。

大峰山(山上ヶ岳・1,719m)は、修験の行場の中心であり、今も女人禁制を通している唯一の山である。吉野山から続く大峰奥駈(おくがけ)道が、峰伝いにはるか南の熊野本宮大社まで延びている。

大台ヶ原は大峰山脈の東側にあり、高見山から延びる台高山脈の南端に位置する。標高1,500mの隆起準平原で、年間雨量は約4,800mmと多い。トウヒ、ウラジロモミ、ブナなどの自然林がまとまって残っている。

大型台風による倒木を契機とした植生の変化や、ニホンジカの増加などの影響で森林植生が衰退しており、植生回復のための再生事業が手がけられている。北東麓を刻む大杉谷は伊勢の宮川の源流部であり、深いV字峡谷をつくり、七ツ釜滝、千尋(せんひろ)滝などの瀑布が連続する。

熊野川流域と海岸部

写真:熊野川の筏下り
[熊野川の筏下り]

熊野川は深い森林地帯を流れる。流域面積が狭いわりに流長が長い。水量が多く、かつて、伐採した木材を運ぶ筏(いかだ)流しが盛んであった。支流の北山川には北山峡や瀞峡(どろきょう)がある。瀞峡は下、上、奥の3部に分かれ、下瀞の瀞八丁(どろはっちょう)は、滝が後退してできた深い淵の連続する函状の峡谷である。中部山岳の黒部川などとともに、日本有数の峡谷であり、この公園を代表する景勝である。

那智山は、那智勝浦町の西北にある妙法山、烏帽子(えぼし)山などからなる山域で、熊野三山の一つ熊野那智大社が中腹にある。平安から鎌倉時代に盛んだった熊野信仰の中心地であり、大門坂から大社へのコケむした石段や石畳の道が古道の面影を伝えている。

写真:橋杭岩
[橋杭岩]

神社の北方約1kmには、那智滝がある。那智川の4つの谷にかかる那智四十八滝の一の滝で、落差133m、国内屈指の名瀑であり、熊野那智大社の別宮・飛滝(ひろう)権現の御神体である。その背後には、神域として守られてきたうっそうたる照葉樹林が広がり、那智原始林と呼ばれる。三山を合わせた一帯は、平成16年に「紀伊山地の霊場と参詣道」として、吉野・大峰、高野などの霊場と熊野古道とともに、世界文化遺産に登録された。

熊野川は新宮市で海に入るが、そこから北へ熊野市までの海岸は、七里御浜と呼ばれる礫浜であり、北端の鬼ヶ城から北は沈降海岸で海岸線の出入りが多い。新宮から南には勝浦温泉、橋杭(はしくい)岩などがあって、本州最南端の潮岬へと続く。橋杭岩は大小40ほどの岩の塔が列柱のように一列に並んでいる。

熊野古道

写真:大門坂
[大門坂]

熊野三社への参詣道は、伊勢から南下する伊勢路、紀伊田辺から熊野那智大社へ海岸回りの大辺路(おおへち)、熊野本宮大社への中辺路(なかへち)、高野山から熊野本宮へ向かう小辺路(こへち)などがあり、伊勢路と中辺路が多く利用された。

深い山中を通っていたため、部分的に近代の改変を免れ、今も石畳の道や王子社(熊野権現の末社)の石碑などが残っている。昭和53年には、文化庁が熊野参詣道を「歴史の道」に指定、平成16年には世界文化遺産に登録された。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク