本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

吾妻山の登山者数、増加

活動報告 / 2016.11.25


[“魔女の瞳” 五色沼]

浄土平ビジターセンターではシーズン中、浄土平登山口からの吾妻山登山者数や登山届の集計等を行なっています。

カウント機器で調査したデータではありませんので必ずしも正確ではないと思いますが、今年は下表のような結果でした。
(画像が小さくてすみません)


前年比 203.2%。
7,929人増加して、15,613人でした。
(吾妻小富士は登山者数の集計には含みません)


平成27年度に引き続き、吾妻山(一切経山)の噴火警戒レベル2(火口周辺規制)が10月18日まで継続。 浄土平から一切経山には登山できないため、登山者数は例年よりも少ない状況が続きましたが、激減した前年よりは倍近く増加し、念願の噴火警戒レベル引き下げ、登山規制解除後は連日たくさんの登山客の皆様に訪れていただきました。

このままレベル1の状態が続けば、平成29年度は例年並みの登山者数まで回復するのではないでしょうか。


火山地帯であることは変わりませんので、火山性ガスや大穴火口付近での突発的な小規模噴火の危険性がないわけではありません。
登山される方は当地が活火山であることに留意しながら、豊かな自然散策を楽しんでいただければと思います。




[酸ヶ平分岐]

(参考)平成27年度の登山者数に関するブログ記事
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=10255


(参考)浄土平ビジターセンターの来館者数は減少
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=11377