本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

春を待つ吾妻山

自然紹介 / 2017.02.15


[H29.02.15 吾妻小富士(標高1707m)]

2月も半ば。 
冬期閉鎖中の磐梯吾妻スカイライン・浄土平の再開まで1ヶ月半ほどに近づきました。

1月、2月と雪が多かった山麓の福島市は、まだ氷点下5℃前後まで冷え込む日もありますが、晴れた日の日差しは眩しく、雪や寒さのピークは越えたのでは?と思えます。

3月に入るとスカイラインの除雪も始まる予定です。


吾妻小富士の北東斜面(福島市側)に現れる「雪うさぎ」(種まき兎)の雪形も少し、その姿を見せています。

毎年 微妙に形が違いますが、雪融けとともにはっきりしてきます。



[ライブカメラで見た今日の一切経山]

http://www.thr.mlit.go.jp/fukushima/abukuma_live/live_sabou.html#

昨年秋、噴火警戒レベルは「1」に下がったので、登山規制はとくにありません。今年はふたたび大勢の登山客が浄土平から一切経山・五色沼を目指すのではないでしょうか。

山の積雪量は今のところ不明。
山麓が多かったからといって山も多いとは限りませんが、記録的に少雪だった昨シーズンよりは多いでしょうね。
早春の残雪風景も楽しみです。