本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

5/5、酸ヶ平周辺の残雪状況

自然紹介 / 2017.05.05


[H29.5.5 鎌沼(酸ヶ平側の沼畔)]

今年のゴールデンウィークはおおむね好天に恵まれており、浄土平でも日中10℃を超えるようになりました。山麓の福島市では25℃を超す夏日となっています。
それでも夜間の浄土平はマイナス気温となっているようで、朝は薄氷が張っています。路面凍結には引き続き注意が必要です。

5月5日、酸ヶ平(すがだいら)のトイレ清掃のため、スタッフが鎌沼方面へ行ってきましたので周辺の様子をお知らせします。

連休中は連日、早朝から登山客の姿が多くなっています。



[酸ヶ平避難小屋周辺の残雪]

酸ヶ平~蓬莱山にかけての斜面にはまだ残雪が多く、スキー、ソリ滑りなどを楽しむことができます。

ただし浄土平~酸ヶ平の登山道(夏道はまだ雪の下)の一切経山(いっさいきょうざん)側には沢があり、雪融けが進むと沢に落ちるおそれがあります。

踏みあとがあっても安全ではない場合があるので、注意して通行してください。基本的には夏道をたどるように歩いていただければと思います。




[酸ヶ平避難小屋の後方が一切経山への登山道]

昨年10月の噴火警戒レベル引き下げにより、浄土平から酸ヶ平経由で 一切経山への登山が可能となっています。

酸ヶ平~ 山頂(標高 1949m)までの区間には雪はありません。

5月4日時点の情報では、五色沼(別名・魔女の瞳)はまだ凍結しています。 五色沼の“開眼”が始まった、など情報がありましたら、浄土平ビジターセンター(の仮設事務所)までお知らせいただけると有難いです。
よろしくお願いいたします。