本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

5/23、桶沼の様子

自然紹介 / 2017.05.23


[桶沼入口(上:北側、下:西側)]

この時期の浄土平にしては珍しく、最高気温が20℃を超すような暑い日が続きました。
そのため、新緑と開花が急に進んだ印象です。

浄土平湿原のすぐ南、徒歩20分程度の桶沼(おけぬま)へ行ってみました。

(コース案内)
http://www.bes.or.jp/joudo/vc/sansaku/course3.htm


[桶沼西側のミネザクラ、展望台から見る桶沼]

桶沼西側の道路沿いではミネザクラが開花しています。
平地より1月半ほど遅れて、サクラのお花見が楽しめます♪

桶沼は水面の凍結が融けて、濃い青色の水を湛えています。
マガモのつがいが水面を泳いでいました。


桶沼展望台へ登る自然探勝路は林の中を抜けていくため、日陰には一部まだ残雪があります。
雪が完全に消えるにはあと一週間ほどかかりそうです。
散策には歩きやすい靴でお願いします。


[上:桶沼展望台、下:西側の休憩場所]

深い雪に埋まっていた展望台周辺では雪はすっかり消えました。
桶沼周辺ではオオカメノキ、サンカヨウなどの開花も始まっていました。

木々の葉が生い茂るようになると見通しが悪くなるため、周囲の景色は見づらくなってきそうです。
桶沼のハクサンシャクナゲ、ネモトシャクナゲの開花は、6月終わり~7月になります。