本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

5/26、鎌沼コースの残雪状況

自然紹介 / 2017.05.26


[H29.5.26 酸ヶ平下の雪渓と、ルート目印の竹設置]

浄土平周辺登山道の残雪状況について、お問い合わせが多くなっています。

雪融けが進んでいますが例年並みの残雪があり、鎌沼コースでは
1) 蓬莱山(ほうらいさん)の東~南側
2) 鎌沼の姥ヶ原(うばがはら)側
に雪渓があります。

標高1700m以上を歩くトレッキングコースです。
アイゼンは必要ありませんが、沢や沼に近づきすぎると薄くなった残雪を踏み抜いて危険な場合もありえますので、慎重に歩いてください。


[鎌沼畔の様子]

橋(木道)の下に沢が流れています。
このような場所ではとくに注意が必要です。

浄土平 ~ 一切経山への登山の場合でも、途中まで鎌沼コースと同じルートですので雪の上を歩く区間があります。
(酸ヶ平 ~ 一切経山頂には雪はありません)

鎌沼コースの登山道の雪が完全に消えるのは6月中旬ころと思われます。
また、そのころ姥ヶ原ではチングルマの花が見ごろを迎え、ミネザクラやイワカガミなども開花します。