本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

6/5、五色沼を訪ねて

自然紹介 / 2017.06.05


[H29.06.05 五色沼(魔女のひとみ)]

浄土平から一切経山、五色沼、鎌沼を歩いてきました。

浄土平の朝の最低気温は0℃。 5月下旬の温かかったころと比べると20℃近く低い、初夏?6月とは思えない寒い日が続いています。
強風の中、登山に出発しました。

途中、酸ヶ平までの間に雪の上を登っていく区間が残っています
(浄土平 ~ 姥ヶ原間にも残雪あり)。
気を付けて歩いてください。

酸ヶ平避難小屋から一切経山までの区間はとくに強い横風を受けつつ山頂を目指すことになります。
(もちろん風がない日もありますが、ここはある程度 風が吹くものと思って臨んだほうがよいと思います)
晴れていれば、展望は素晴らしいです。

今回、山頂に到着するころまでは霧と風で寒く、景色をゆっくり楽しむような天候ではなかったのですが、山頂にいたころから少しずつ雲も少なくなり、風も弱まってきました。

諦めかけていた五色沼が霧の中から姿を見せるとなおさら感動です!



[山頂から、福島市街地の展望]

一切経山山頂(標高1949m)から五色沼(標高1740m)まで下り、また登り返してきました。まだ残雪がある斜面もあり、そこは歩きづらいです。(6月中旬~下旬ころには雪は消えるでしょう)


山頂からふたたび酸ヶ平まで下山して、鎌沼一周コースでは、
始まったばかり新緑と植物の開花を楽しむことができます。
雪融け水を湛えた鎌沼は水量が多くなっていました。
チングルマ、ミネザクラ、クロウスゴ、イワナシなどの花が登山道沿いで見つかります。
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=11944

浄土平近くまで下りてくると、マイヅルソウの群落も間もなく咲きそうでした。


[登山中の風景]