本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

わたすげ、スゲ~ッ!!

自然紹介 / 2017.06.26


[H29.06.25 浄土平湿原のワタスゲ]

毎年この時期の浄土平湿原を彩ってくれるワタスゲ(綿菅、カヤツリグサ科の多年草)。
今年はたいへん多く、長年浄土平を見てきたスタッフも驚いています。
こんな眺めは滅多に見られません!

遠くから見てもこの一帯が白い海というか絨毯のようで、ふわふわと風に揺れています。

場所は 桶沼(おけぬま)の手前。 湿原を散策中、松の木を抜けると急に視界が開けてワタスゲ畑が現れるので、皆「ワタ、スゲ~!」とは言わないまでも、思わずワ~ スゴイ!などと歓声が上がります。



圧倒的な風景を前にすると、どう写真に撮ればよいのか分からなくなります。
なので、あまり状況が分かりやすい写真になっていないと思いますが、とにかく無数のワタスゲがこの一帯に今、あります。

ワタスゲの果穂は6月上旬から見られますが、今がいちばんふわふわ感MAXで見ごろだと思います。
雨の日は穂がしぼんでしまいます。

この光景はもうしばらく見られますので、ぜひお早めにお越しください!



[注: これは上下2枚の写真です]