本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

吾妻山の登山者数、増加

活動報告 / 2017.11.16


[浄土平ビジターセンターと一切経山 (H29.11.14)]

浄土平ビジターセンターではシーズン中、浄土平登山口からの吾妻山登山者数や登山届の集計等を行なっています。

今年度の登山者数は下記のような結果となりました(画像が小さくてすみません)。


[吾妻山の登山者数]

前年比 11,502人増の27,115人。
率にして 173.7%となりました。
(吾妻小富士の登山者数はこの集計には含まれません)

カウント機器で調査したデータではありませんので必ずしも正確ではないと思いますが、昨年10月以降、噴火警戒レベルが2 → 1へと引き下げられましたので、浄土平から一切経山、五色沼方面への登山規制が解除となり、にぎわいは戻っています。

登山者数が以前のように3万人に届かなかったのは、登山客の多い8月、10月に天候不順だった影響が大きいようです。
また今春は残雪がたいへん多かったため、春先の登山者数も伸び悩みました。


[浄土平を出発する登山者]

磐梯吾妻スカイラインを利用すれば、登山口の浄土平ですでに標高1600m。
浄土平を起点に、標高2000m近い東北南部の山岳コースを比較的短時間で周遊でき、変化に富んだ自然景観を楽しめることがこの地域の魅力です。

火山性ガスなど注意すべき点はありますが、登山の準備をしっかりとして天空の吾妻山トレッキングを満喫してください。


(参考)平成28年度の登山者数に関するブログ記事
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=11399