本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

流星群、見ましたか?

自然紹介 / 2017.12.15


[左上が、ふたご座 (H29.12.14夜)]

今年は月明かりの影響もなく、好条件で見られると話題の「ふたご座流星群」、ご覧になりましたか?

「ふたご座流星群」は、毎年多くの流星が流れる「三大流星群」のひとつです。
あとの2つは、1月の「しぶんぎ座流星群」と 8月の「ペルセウス座流星群」。 この時期に星空を見上げた方も多いと思います。


12月14日の夜、福島地方はよく晴れて観測日和となりました。
気温はマイナス1℃。
日中の強風がおさまったのは幸いでした。

流星はどこに流れるか分かりませんので、星座が分からなくても問題なし。
広い空を見上げて、待つしかありません。

ピーク時には全天で1時間に50個程度流れるようですが、寒空の下、少し頑張ってみると、5個や10個は簡単に見られたのではないでしょうか? ・・・観測場所の星空の条件にもよりますが。



[20分間の星空の軌跡と、流星]

暗い流星は、肉眼では見えても写真にはほとんど写らないことが多いので、今回はっきり写せたのはこの1枚のみでした。
肉眼では ハッとするほど明るい流星に感じられました。

カメラもどの方角へ向けていてもよいわけですが、やはり明るい星が多いオリオン座方面をつい撮ってしまいますねー




[吾妻山と夜空]

吾妻山(福島市から西の方角)の方向にも流星はいくつも流れていましたが、タイミング的に写真には撮れませんでした。

ともかく雪雲が晴れて、星空が見られただけでもラッキーでした。


来年 2018年も、好条件の皆既月食や火星大接近など話題の天文ショーが起こります。
夜空に注目したいと思います。