本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

本年もよろしくお願いいたします。

活動報告 / 2018.01.01

平成30年、福島はおだやかな新年を迎えています。

本年もスタッフ一同、気を引き締めて 磐梯朝日国立公園・浄土平地区の維持管理、環境美化等の業務に邁進します。

現地・浄土平はあと100日ほど(4月上旬まで)冬期閉鎖の期間が続きますが、ここで改めて昨年のできごとを振り返ってみました。

自然公園財団 浄土平支部的10大ニュースです。


<< 2017(H29)年・浄土平10大ニュース >>

・4月、大雪の再開通

・浄土平駐車場「環境美化費」料金改定

・浄土平キャンプ場再開、利用料金改定

・ワタスゲ豊作

・ビジターセンターリニューアルオープン

・夏と秋の天候不順

・ビジターセンター来館者 累計150万人突破

・浄土平湿原の高山植物、大量盗掘被害

・ビジターセンターにWi-Fi設置

・「浄土平」看板リニューアル


各できごとについては、当ブログFacebookページにて随時お知らせしてきましたし、新聞・テレビ等で取り上げられたニュースもありましたが、3年ぶりにシーズン通して吾妻山(一切経山)の噴火警戒レベル1の状態が続き、登山道の規制・夜間通行止め等がなく、8月からは改修工事を終えたビジターセンターも再開館して、“平常運転”に戻ることができた年だったと思います。
一方で、積雪や長雨に悩まされたシーズンでもありました。

今年も、良いできごとばかりではないかもしれませんが、皆様に浄土平を快適にご利用いただけるよう、自然環境の保全と利用環境の維持、両面を推進するため がんばります。
ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。