本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

噴火警戒レベル2における規制範囲の拡大について

お知らせ / 2018.02.28


[吾妻山の噴火警戒範囲]

福島県の火山防災協議会が2月27日に開催され、噴火警戒レベルごとに定められた吾妻山の警戒範囲が一部拡大されることになりました。

吾妻山の噴火警戒レベルは現在「1」(活火山であることに留意)ですが、火山活動の活発化等により、これがレベル2に引き上げられた場合、
従来の「大穴火口から半径500m」であった規制範囲が、「半径1.5km」に拡大されます。
運用開始は今年4月以降の予定。

噴火警戒レベル2での規制範囲は 上の図で、今までは黄緑色の円内だったものが、青色の円内の範囲に拡大されます。

一切経山山頂、鎌沼、吾妻小富士、桶沼等がすべて規制範囲となり、浄土平地区も今後は、噴火警戒レベル2に引き上げとなった場合は立入禁止となります。

登山、観光等で磐梯吾妻スカイライン・浄土平へお越しになる際には、最新の情報をご確認いただき、火山ガス等にも注意していただきますようお願いいたします。