本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

浄土平の残雪状況

自然紹介 / 2018.04.06


[H30.4.6 浄土平]

再開通後の浄土平周辺で散策や登山、スキー・スノーシューなどを計画されている方も多いと思います。

今春は当初、例年並みの残雪量でしたが、このところの暖かさで急速に雪融けが進んでいます。
残雪の多い年ですと、駐車場でスキー・スノーシューを履いてすぐ隣接する雪原へ出発! ということもできますが、今年はすでに浄土平湿原の残雪量が減って雪原が続いていないので、鎌沼、一切経山あるいは東吾妻山方面へ行く場合、ある程度 山のほうへ歩いてからスキー・スノーシューを装着することになります。

浄土平湿原の木道は、雪から出ている区間と雪に隠れている区間が全体(一周約1km)の半分ずつ程度です。
雪で道が隠れている場所を歩く際は、途中に川が横切っていますし雪の下が空洞になっていて踏み抜くおそれもありますので、十分注意してください。長靴や防水の靴が適しています。

ビジターセンターと駐車場側の浄土平湿原入口付近は残雪が多いため、バリアフリー木道はまだ車椅子等では進入できません。ご了承ください。



(動画:H30.4.4 浄土平湿原の様子)




[H30.4.5 浄土平湿原]

吾妻小富士登山道の残雪は4月6日現在、ありません。
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=12798

ソリなどちょっとした雪遊びであれば、浄土平駐車場周辺でゴールデンウィークころまでは十分楽しめます。

桶沼(おけぬま)へ上がる登山道はまだ完全に雪に隠れています。
桶沼は凍結中、真っ白です。
http://www.bes.or.jp/joudo/vc/sansaku/course3.htm


兎平駐車場は一部しか除雪されていません。
駐車できない場合は、浄土平駐車場をご利用ください。



[H30.4.5 浄土平湿原から一切経山]

なお、鎌沼周辺や一切経山などの状況は未確認です。
状況が分かり次第、お知らせしたいと思います。

登山される際には、登山届の提出をお願いします。
登山者ポストは浄土平ビジターセンター玄関にあります。記入用紙も備え付けてあります。

4月8日~5月6日まで、磐梯吾妻スカイラインは17時~ 夜間通行止めです。
高湯、土湯峠のゲートが施錠されますので、下山が遅くならないよう計画してください。
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=12788