本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

姥ヶ原のチングルマ 見ごろ!

自然紹介 / 2018.05.30


[H30.5/30 姥ヶ原のチングルマ]

鎌沼コースの姥ヶ原(うばがはら)では、高山植物のチングルマが早くも見ごろ! といった状況で開花しています。(稚児車、バラ科の落葉小低木)


浄土平での植物の開花状況は現在、おおむね平年並み~若干早い程度で進んでいるのですが、鎌沼周辺については例年より10日~2週間程度早く進んでいるようです。
チングルマ鑑賞はお早めにお越しください。
例年の見ごろは6月中旬頃ですが、今年は6月上旬頃までが見ごろとなりそうです。

チングルマは浄土平湿原にも少し開花していますが、生育数が少なく、木道からも離れているため、間近で群落を観察するには姥ケ原まで登山しなければなりません。




[ミツバオウレン、クロウスゴ]

その他、登山道沿いにはミツバオウレン、クロウスゴ、イワナシ、開花が始まったイワカガミなどが見られます。
ミネザクラも見ごろです。



[鎌沼畔のミネザクラ、酸ヶ平~浄土平間の雪渓]

浄土平から鎌沼への登山道にはまだ一部残雪があります。
足元に気をつけて登山してください。

(参考) 5/21、鎌沼コースの様子
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=12957