本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

鎌沼にアナグマ

自然紹介 / 2018.06.19


[鎌沼コースで撮影されたアナグマ (H30.6/8)]

福島市の佐藤様より、「先週、鎌沼トレッキングした際に珍しい動物に出会った」と写真をご提供いただきました。
掲載した写真はお送りいただいた写真をトリミングしています。

「体長70~80cmくらいで、尻尾はとてもモフモフしていた」とのこと。

タヌキに似ていますが、イタチ科のアナグマですね。

今まで鎌沼周辺でアナグマの目撃情報は聞いたことがなく、もちろん私たちスタッフも鎌沼で見たことはありません。
鎌沼の標高は約 1770m。
クマ、オコジョ、テンの目撃情報はまれにありますが、アナグマもいるんですね。
夜行性の動物なので昼間に出会うことも珍しいと思います。

たいへん貴重な写真のご提供ありがとうございました!


 ★ ★ ★
じつは5年ほど前、「鎌沼でイノシシを見た」という情報があり、これは大変な事態になるかもしれない、とセンサーカメラを設置するなど調査したことがありましたが発見できず、その後、目撃情報や高山植物が食い荒らされた等の状況もないため、あのイノシシ情報は何だったのだろう? …とずっと疑問に思っていました。

もしかしたら、あの時のイノシシ情報はアナグマの見間違いだったのかもしれません。
体格などから、一瞬遠くから見かけたらイノシシ?!と感じてしまうかもしれません。


浄土平・吾妻山Facebookページには、別の方から、鎌沼のアナグマとの遭遇写真や情報提供がありました。
昼間でも意外に出会うチャンスはあるのかもしれませんね。


登山者の皆様、なにか気になる動物に出会った際には、
浄土平ビジターセンターにお知らせいただけると大変うれしいです。 よろしくお願いいたします。