本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

オープン前日の浄土平

自然紹介 / 2012.04.07 / 北緯37.7233 東経140.2551


[2012.4.7 吾妻小富士から見た浄土平 ]

約5ヶ月間 冬眠していた磐梯吾妻スカイライン・浄土平がいよいよ明日4月8日、再オープン予定です。

今年は例年にない大雪で、スカイラインと浄土平周辺は完全に真冬の光景。開設作業のため現地に到達するだけでも困難を伴い、今日も福島市内の事務所から2時間かけてようやく浄土平に到着できました(通常の通勤時間は40分程度)。

吹雪のため視界不良となることもあります。
路面状況は天候や除雪作業の進行状況により刻々と変わります。今日現在、磐梯吾妻スカイラインはほとんどの区間で圧雪。積もった新雪によりハンドルを取られることもありますので、道路再開通後も十分注意してお越しください。
現状では、ノーマルタイヤでの通行は絶対に不可能です。


[2012.4.7 除雪前の浄土平ビジターセンター玄関]

例年ですと浄土平支部スタッフは13名体制で、再開通の3、4日前から現地での除雪作業等をスタートしますが、今年はスタッフ数が4名に減り、悪天候の影響もあってビジターセンターの本格的な除雪作業を開始したのは今日からなのです。

終日、少人数で除雪と準備作業を行いましたがご覧のような大雪のため、もしかしたら、ビジターセンターの開館がスカイライン再開通に間に合わないかもしれません。
その場合はごめんなさい。


[2012.4.7 浄土平ビジターセンター]

スノーシューなど雪遊びには絶好の条件といえますが、ドライブなど一般的な観光目的でいらっしゃる場合には、寒さや大雪、水道凍結等でしばらくご不便をおかけするかもしれません。

浄土平湿原の木道はもちろんすべて積雪の下に埋まっています。
吾妻小富士の登山道も雪で埋まっており、斜面に積もった雪が凍結してたいへん滑りやすくなっており危険です。登山はお勧めできません。

今年の浄土平(標高約1,600m)は例年とは一味も二味もちがう、驚きの風景に出会えることは間違いありません。
真冬の東北、吾妻山を体感できると思います。どうぞお越しください。