本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

5月21日の日食について

自然紹介 / 2012.05.10


[2012.05.21(月) 福島市での日食 ]

ホットな話題となっている5月21日の金環日食。
福島市・浄土平での様子を調べてみると、ご覧のようにぎりぎりリング状の“金環”にはならず、リングの右下が途切れた部分日食となります。
このシミュレーション画像は、午前7時39分、最も大きく欠ける時の様子です。
太陽の右上から欠け始め、左下に向って月が太陽の前面を横切っていきます。

~~ 福島市での見え方 ~~

 欠け始め 6時22分
  ↓ 7時00分 食分0.489

 食の最大 7時39分(食分0.935)

  ↓ 8時00分 食分0.724
  ↓ 8時30分 食分0.393
 終わり 9時07分 
 


月曜日の朝早い時間の天文ショーです。
浄土平天文台では午前6時から観測会が予定されています。
→ 公式ホームページ http://www14.plala.or.jp/jao/
(浄土平天文台は通常は月曜休館)

福島県内では、郡山市まで南下すると“金環日食”として見られます。
今回の日食は“金環”にならない地域でも、太陽が大きく欠けて見えるめったにない機会になります。目を傷めないよう安全に配慮して、時間の許す限り観測してみましょう!


※福島市での見え方等はこちらのサイトを参考にさせていただきました。
「日食ナビ」
http://eclipse-navi.com/20120521/kakuchi/02_touhoku/07/72010.html