本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

姥ヶ原のチングルマ

自然紹介 / 2012.06.12


[H24.6.11 姥ヶ原のチングルマ(稚児車)]

開花状況のお問い合わせが多くなっているチングルマ。
6/11、浄土平~鎌沼一周コースを巡回してきましたので様子をお知らせします。

写真のようにきれいに花を咲かせているものもありますが、まだ開花数は少なく、例年にくらべて1週間くらい遅い印象。
いちばんの見ごろになるのは1~2週間ほど先ではないでしょうか。

そのほか、イワカガミ、ムシカリ(オオカメノキ)、ミツバオウレン、ムラサキヤシオツツジ、ミネザクラなどが開花しています。

鎌沼コースのご案内
http://www.bes.or.jp/joudo/vc/sansaku/course4.htm


[鎌沼 (酸ヶ平側)]

雪どけで水量が多い今は 鎌沼のほとりには下りられません。
しばらくして水が引けば、ここはよい休憩場所になります。

鎌沼一周コースの木道は単線の区間が多いので、すれ違いが難しいことがあります。
譲りあって歩きましょう。
また、道を譲る場合にも、植生の踏み付けを避けるため木道の外にはできるだけ下りないようお願いします。


[姥ヶ原から少し浄土平寄りの地点にある残雪]

写真の場所と、蓬莱山を挟んだ反対側の 酸ヶ平(すがだいら)~浄土平間の一部に残雪があります。
雪どけ後のぬかるみで歩きにくい箇所もありますので、登山靴が多少汚れるのはガマンしてください。

酸ヶ平付近でクマの目撃情報が数件寄せられています。
早朝、夕方や霧で見通しの悪い日などは鈴をつけて歩くなど、念のためクマとの遭遇に注意しましょう。
クマ避け鈴は、浄土平ビジターセンターでも販売しています。