本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

紅葉と初冠雪

自然紹介 / 2013.10.18


[H25.10.17 初雪、初冠雪の一切経山]

10月17日(木)、吾妻山は初雪となり、平年より6日早い初冠雪が観測されました。
浄土平から見る一切経山の稜線や蓬莱山、吾妻小富士の上部などがうっすらと雪化粧。
昨年の初冠雪は11月2日でしたので、昨年より16日早くなりました。
(昨年の初冠雪の記事)
 http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=4253

まだ磐梯吾妻スカイラインの道路上に雪はなくノーマルタイヤで通行可能ですが、今後は気象条件によって路面凍結や積雪もあり得ますので、道路情報にお気を付けください。
磐梯吾妻スカイラインは11月15日(金)午後5時から「冬期通行止」です。
今シーズンも残り1ヶ月を切りました。



[ラクダ山の冠雪]

浄土平(標高約1600m)付近の紅葉はほぼ終わりましたが、標高1400m以下の道路沿線では、まだ紅葉が見ごろです。
福島県道路公社の紅葉情報はコチラ↓
 http://www.dorokosha-fukushima.or.jp/news/news.php?eid=00172

16日に通過した台風26号の強風や冷え込みにも耐え、よく頑張っているといえると思います。台風ですっかり落葉してしまうかと心配でしたが、そうでもありません。

山の気温は日中でも5℃以下という日があります。冬の服装を準備してお越しください。


[H25.10.18 山麓から見た吾妻山(一切経山)]

初冠雪の翌朝はよく晴れて、ふもとから稜線に少し残った雪が見えました。
中腹より下の紅葉も分かると思います。


ちなみに、福島地方気象台発表の資料によると
吾妻山の初冠雪の最も早い観測記録は 1992年9月28日、
最も遅い観測記録は 2000年11月11日 です。