本文へジャンプ

スタッフブログ:浄土平・吾妻山

コバイケイソウ見ごろ

自然紹介 / 2018.07.02


[H30.7/2 鎌沼コースのコバイケイソウ]

東北地方はまだ梅雨明けしていませんが、現在までのところ雨が少なく、真夏を思わせる青空や陽射しの日も多くなっています。
山麓の福島市では35℃以上の猛暑日となる日もあり、そんな日は10℃以上涼しい浄土平周辺はまさに天国にいるよう。

とくに週末には早朝から大勢のお客様が、登山や観光ドライブ等にお越しになっています。

お問い合わせの多い高山植物、コバイケイソウの開花状況ですが、現在 浄土平周辺のあちこちで見ごろとなっています。

この時期の代表種、ハクサンシャクナゲの開花数も増えてきました。 ネモトシャクナゲも開花し始めています。


(参考) 6/25付、浄土平の開花状況
 http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=13062



[鎌沼とコバイケイソウ(姥ヶ原) ]

コバイケイソウの開花数は、前回2013年ほどではありませんが、近年では多いほうです。
2013年の開花数を10とすると、2018年は4~5程度です。


(参考) 6/19、コバイケイソウの状況
 http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=13048


時間があれば、栂平(つがだいら)、鳥子平(とりこだいら)、景場平(けいばだいら)なども訪ねてみてください。

* 浄土平周辺の湿原 *
 http://www.bes.or.jp/joudo/vc/natural/wetlands.html

・・・私たち浄土平支部スタッフも、時間がなくて なかなか訪ねる機会がないのですが。。。



[浄土平湿原のワタスゲ (H30.7/1)]

浄土平駐車場から歩いて気軽に楽しめるワタスゲの果穂は
ピークを過ぎて、白い綿毛が飛び始めています。
もうじき見納めです。


その他、マルバシモツケ、イソツツジ、マイヅルソウ、ゴゼンタチバナなどが見ごろ。

磐梯吾妻スカイライン沿線ではノリウツギが開花しています。

この時期は、白い花が多いですね。