本文へジャンプ

スタッフブログ:上高地

ふわふわ

自然紹介 / 2018.06.02

 「外でふわふわしたものが飛んでいるんですが、あれはなんですか?」と聞かれる時期が早くもやってきました。
 これは柳絮(りゅうじょ)と呼ばれる、ヤナギの種子です。綿毛を持っているので、風に乗っていろんな場所に飛んでいきます。
 陽射しの中舞う姿はさながら初夏の雪といったところでしょうか。

 今現在飛んでいると確認できているのは、オノエヤナギとエゾヤナギ。この2種が柳絮の始まりを教えてくれます。
 上高地には様々な種類のヤナギが自生しており、種類によって飛ぶ時期が違うのでおよそ1ヶ月~2ヶ月程の間、その「ふわふわした初夏の雪」を見るチャンスがあります。
 どのヤナギが飛ばしているのかなと探してみるのも楽しいかもしれません。


 さて、気になっている方も多いレンゲツツジの様子をここで少し。
 写真はバスターミナル傍のものです。
 毎日少しずつ蕾が膨らんでおり、今後の天候や気温などにもよりますが、あと1週間もすれば開花するのでは…と予想しております。