本文へジャンプ

スタッフブログ:上高地

秋色情報2

自然紹介 / 2017.10.15

 上高地は今、広葉樹が紅葉の見頃を迎えています。

 この時期の写真スポットの一つは、明神池に続く右岸道です。

 こちらは河童橋を渡り、明神池方面へ歩いて2.5kmほど、治山林道と遊歩道がちょうど交わるところで、紅葉というより黄葉する樹木が多数を占める中、比較的カエデの種が多くみられる場所です。

 すべて真っ赤に染まったカエデも見事ですが、私の好みはこちらでしょうか。緑、黄、赤のコントラストはうっとりする美しさです。

 そして紅葉は目だけでなく、鼻でも楽しむことができます。
このまるっこい黄色い葉はカツラという樹木の葉っぱなのですが、なんとカラメルのような甘い香りが。

 この香りを楽しみながらの散策はこの季節限定。ちょっと贅沢気分です。

 さて、広葉樹もいいですが、上高地と言えばカラマツの黄葉!ですよね。今現在は、5割から6割ほどの色づきです。黄金色になるのもあと少し。今日も雨が降っているので、その前に落ちてしまわないか心配しつつ、楽しみに待ちたいと思います。