本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヒメアカタテハ(幼虫)

ヒメアカタテハ(幼虫)
[タテハチョウ科]
食草であるヨモギやハハコグサで巣を作る。都市部の空き地などでよう見つかる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アオハナムグリ

アオハナムグリ
[コガネムシ科]
夏場多くの花の上で花に潜り込んで花粉を食べている姿が見られる。その姿から「花潜り」→「ハナムグリ」となったようだ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ナナホシテントウ

ナナホシテントウ
[テントウムシ科]
背中に七つ黒い模様がある多くの人になじみのある昆虫。アブラムシを食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:キマダラルリツバメ

キマダラルリツバメ
[シジミチョウ科]
翅に4つの尾状突起をもち、表面は瑠璃色、裏面はトラ模様がとても美しいちょう。幼虫時代はアリに育てられる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:クサギカメムシ

クサギカメムシ
[カメムシ科]
クワの実の汁を吸う姿をよく見られる。秋に越冬するため家屋へ入ることがある。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:コフキコガネ

コフキコガネ
[コガネムシ科]
クヌギなどの葉を食べる。カナブンより大きいコガネムシの仲間。体長25~31mm
見られる時期:夏

→詳細


写真:モンシロドクガ

モンシロドクガ
[ドクガ科]
純白で美しいガ。成虫も幼虫時に発生した毒毛を備えている。幼虫はバラ科やブナ科の葉を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヤブヤンマ

ヤブヤンマ
[ヤンマ科]
夕方に活動するためほとんどその姿を見せない。日中は薄暗い林の中で枝にとまってじっとしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アサギマダラ

アサギマダラ
[タテハチョウ科]
幼虫はイケマやキジョランの葉を食べる。旅をするチョウとして知られ、日本本土から南西諸島や台湾まで移動する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アシナガコガネ

アシナガコガネ
[コガネムシ科]
春、多くの花で花粉を食べる姿が見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヨツスジハナカミキリ

ヨツスジハナカミキリ
[カミキリムシ科]
黄色と黒の縞模様でハチに擬態している。夏、ノリウツギやガクアジサイの花に花粉を食べるために集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:オオシロオビアオシャク

オオシロオビアオシャク
[シャクガ科]
全身緑色の美しいガ。幼虫はカバノキ科の葉を食べる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:オオトモエ

オオトモエ
[ヤガ科]
西南日本に多い、大型のガ。光に集まる。開張90~100mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:エルタテハ

エルタテハ
[タテハチョウ科]
翅の裏面に白いL字型の模様があることが和名の由来。よく似た種にヒオドシチョウがいる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:スゲハムシ

スゲハムシ
[ハムシ科]
高層湿原の花に集まる。青、赤、金、銅色と色のバリエーションが豊富で美しい。別名キヌツヤミズクサハムシ。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:クロモンキリバエダシャク(幼虫)

クロモンキリバエダシャク(幼虫)
[シャクガ科]
幼虫は腹部の横に奇妙な突起物が生えている。シャクトリムシの仲間。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヤマトマダラバッタ

ヤマトマダラバッタ
[バッタ科]
海浜性のバッタ。体表の模様は砂浜の上では保護色となっている。近年海浜開発により生息地が無くなり、個体数が減少している。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ウスイロトラカミキリ

ウスイロトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の枯れ木に産卵、交尾のために集まります。個体数が多い。
見られる時期:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索