本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:コエゾゼミ

コエゾゼミ
[セミ科]
よく似るエゾゼミより小型で、本種は胸部を囲む白い模様が途中で切れている点で区別できる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ツチイナゴ

ツチイナゴ
[イナゴ科]
日本産のバッタでは珍しく成虫で越冬する。体表に細かい毛が密生している。
見られる時期:春・夏・秋・冬

→詳細

写真:オオトラフコガネ

オオトラフコガネ
[コガネムシ科]
背中の模様がひじょうに美しいコガネムシの仲間。夏、ノリウツギなどの花に花粉を食べるために集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:トゲカメムシ

トゲカメムシ
[カメムシ科]
肩部がはりだしてとがり、背面の中心に白い斑紋がある。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ユウマダラエダシャク

ユウマダラエダシャク
[シャクガ科]
幼虫はマサキ、ツルマサキなどのニシキギ科植物の葉を食べる。昼間葉の上で静止している姿がよく見つかる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:トゲバカミキリ

トゲバカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木に集まる。背中の斑紋は個体によって変異がある。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:アサマイチモンジ

アサマイチモンジ
[タテハチョウ科]
幼虫はスイカズラやニシキウツギなどの葉を食べる。近縁種にイチモンジチョウがいる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ウチワヤンマ

ウチワヤンマ
[サナエトンボ科]
大型のトンボで腹部先端の突起が特徴。平地の沼などで見られる。体長約80mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタ
[バッタ科]
日本産バッタ最大種。都会でも見られ、「キチキチキチ」と鳴く。体長50~90mm
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:トゲヒゲトラカミキリ

トゲヒゲトラカミキリ
[カミキリムシ科]
春から夏にかけて花粉を食べに花に集まる。また伐採木にもよく見られる。個体数多い。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウ
[シロチョウ科]
幼虫はクロツバラ、クロウメモドキの葉を食べる。大型のシロチョウの仲間。渓流沿い、雑木林にて見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボ
[トンボ科]
シオkラトンボを太く、体色を濃くしたようなトンボ。メスの体色は黄色。ため池、田んぼなどで見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:コクヌストモドキ

コクヌストモドキ
[ゴミムシダマシ科]
小麦粉や糠などの穀物の粉を食べる。家屋などで大発生することがある。世界共通種。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:センノキカミキリ

センノキカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はセンノキ、タラノキ、ヤツデなどウコギ科の生木を食べる。成虫はウコギ科の若い茎を齧り部分枯れにする。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キンモンガ

キンモンガ
[アゲハモドキガ科]
昼行性のガ。黒と黄色の翅がよく目立つ。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:ルリタテハ

ルリタテハ
[タテハチョウ科]
翅の外側に瑠璃色の帯が入る。日本産のチョウに他に似た種はいない。樹液に集まる他獣糞にも集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アカウシアブ

アカウシアブ
[アブ科]
山地の牧場や渓流沿いの道で見られる。ウシから吸血する。
見られる時期:夏

→詳細

写真:コガタスズメバチ

コガタスズメバチ
[スズメバチ科]
オオスズメバチを小型にしたようなハチ。性格は比較的おとなしいが民家の軒下などに営巣するため刺される事故が多い。体長22~30mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索