本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:クロコノマチョウ

クロコノマチョウ
[タテハチョウ科]
薄暗い森林でよく見られる。温暖化の影響で分布を拡大している。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:オオウラギンスジヒョウモン

オオウラギンスジヒョウモン
[タテハチョウ科]
大型のヒョウモンチョウの仲間。雑木林の周辺で見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:クロトゲハムシ

クロトゲハムシ
[ハムシ科]
河原などのススキの葉上で静止している姿が見られる。体中がトゲに覆われている。体長4~5mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ヒメボタル

ヒメボタル
[ホタル科]
山地に生息し、ゲンジボタルが光り終わるくらいの時間にフラッシュのように「ピカッピカッ」と光る。メスは飛ぶための翅が退化して飛べない。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:シロオビアワフキ

シロオビアワフキ
[アワフキムシ科]
春、植物の茎に白いアワがついているのが見られるが本種の幼虫がつくったもの。成虫になると小さなセミのような形態になる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キクスイカミキリ

キクスイカミキリ
[カミキリムシ科]
成虫はキク科植物の茎をかじり、上部を枯らせてしまう。園芸家に嫌われている。日本中に局地的に発生している。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ナミテントウ

ナミテントウ
[テントウムシ科]
背中の斑紋は非常に多くの変異がある。ナナホシテントウと同様に都市部から山地まで広く分布している。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン
[タテハチョウ科]
翅の裏の銀色の斑紋が名前の由来。真夏の高温期の間は「夏眠」をし、秋になると再び活動する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:トビサルハムシ

トビサルハムシ
[ハムシ科]
体中短い毛で覆われている。クヌギやコナラの葉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチ
[ミツバチ科]
養蜂のため海外から輸入されたミツバチ。ニホンミツバチは腹部が黒っぽいがセイヨウミツバチはオレンジ色をしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ルイスアシナガオトシブミ

ルイスアシナガオトシブミ
[オトシブミ科]
春、ケヤキやハルニレの葉を丸めて中に産卵する。脚が太くなっているのが特徴。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:オオハサミムシ

オオハサミムシ
[ハサミムシ科]
砂浜や河原で見られる大型のハサミムシ。外敵に対して腹部を持ち上げハサミで威嚇する。体長25~30mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:スジボソヤマキチョウ

スジボソヤマキチョウ
[シロチョウ科]
幼虫はクロツバラ、クロウメモドキの葉を食べる。大型のシロチョウの仲間。渓流沿い、雑木林にて見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キスジシロエダシャク

キスジシロエダシャク
[ヤガ科]
上翅は地味なこげ茶色をしているが下翅は美しい黄色。夏の夜樹液に集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:カラカネハナカミキリ

カラカネハナカミキリ
[カミキリムシ科]
初夏から、花に花粉を食べに集まる姿を見かける。体色の金属光沢は地域変異があり、瑠璃色から銅色までさまざま。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:アイノカツオゾウムシ

アイノカツオゾウムシ
[ゾウムシ科]
ゾウムシの中でもかなり細長い体格をしている。ヨモギの葉の上でよく見られる。体長7~12mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:スナムグリヒョウタンゾウムシ

スナムグリヒョウタンゾウムシ
[ゾウムシ科]
海浜性のゾウムシ。朽木などの下に隠れている。日本海側に分布。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:コクワガタ

コクワガタ
[クワガタムシ科]
最もなじみ深いクワガタムシである。日本各地でふつうに見られ、樹液の出ているクヌギやコナラを蹴ると落ちてくる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索