本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヒメボタル

ヒメボタル
[ホタル科]
山地に生息し、ゲンジボタルが光り終わるくらいの時間にフラッシュのように「ピカッピカッ」と光る。メスは飛ぶための翅が退化して飛べない。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:オサムシモドキ

オサムシモドキ
[オサムシ科]
海浜性のオサムシ。脚と触角の付け根が黄色いのが特徴。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:アキアカネ

アキアカネ
[トンボ科]
羽化したばかりの体色は黄色。夏は山の上ですごし、秋になると低地へ移動し、体色は赤くなる。体長約45mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:サビカミキリ

サビカミキリ
[カミキリムシ科]
夏の夜、マツ類の伐採木に産卵、交尾のため集まる。各地で普通に見られる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ニトベエダシャク(幼虫)

ニトベエダシャク(幼虫)
[シャクガ科]
サクラやリンゴなどのバラ科の葉を食べる。体色が真っ白なのでよく目立つ。
見られる時期:春

→詳細

写真:ホンドアオバホソハナカミキリ

ホンドアオバホソハナカミキリ
[カミキリムシ科]
ミズキやノリウツギの花に花粉を食べに集まる。青地で細身の美しいカミキリムシ。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ニセクロホシテントウゴミムシダマシ

ニセクロホシテントウゴミムシダマシ
[ゴミムシダマシ科]
舌をかみそうなほどよくわからない名前だがゴミムシダマシ科の昆虫。よく似た種にクロホシテントウゴミムシダマシがいる。体長約3mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ミヤマカラスアゲハ

ミヤマカラスアゲハ
[アゲハチョウ科]
日本産の最美麗種。カラスザンショウやハマセンダンなどのミカン科植物の葉を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アオスジアゲハ(幼虫)

アオスジアゲハ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
クスノキやタブノキなどのクスノキ科植物の葉を食べる。幼虫、蛹は緑色の葉に見事に擬態する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ヒナルリハナカミキリ

ヒナルリハナカミキリ
[カミキリムシ科]
早春、イロハモミジなどの花に花粉を食べに集まる。個体数多い。本種を見ると昆虫の季節の到来を感じる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:セアカツノカメムシ

セアカツノカメムシ
[ツノカメムシ科]
背中の中心部分(小楯板)が赤いことからこの名前がついた。オスは腹部先端に赤いハサミ状の突起物をもつ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:シロヘリクチブトカメムシ

シロヘリクチブトカメムシ
[カメムシ科]
肉食性のカメムシ。光によく集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:キマワリ

キマワリ
[ゴミムシダマシ科]
朽木をグルグルと這う姿が名前の由来。日本各地で普通に見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:コカブトムシ

コカブトムシ
[コガネムシ科]
オスはとても小さいがツノをもっている。胸部のへこみが特徴的。体長18~26mm
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ジガバチ

ジガバチ
[ジガバチ科]
成虫はガの幼虫を毒針で麻酔して捕獲する。巣穴まで運びいれ、卵を産みつけて穴を埋める。孵化したハチの幼虫は動けないガの幼虫を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:メスアカミドリシジミ

メスアカミドリシジミ
[シジミチョウ科]
緑色の光沢がひじょうに美しいシジミチョウ。幼虫はヤマザクラ、マメザクラなどの葉やツボミを食べる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ヒグラシ

ヒグラシ
[セミ科]
夕方によく鳴くために、「日を暮れさせる」という意味でヒグラシというながついた。「カナカナ」と鳴く。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ウラジャノメ

ウラジャノメ
[タテハチョウ科]
幼虫はクサヨシ、ヒメノガリヤスなどを食べる。翅の模様に変異が多く、利尻島、北海道、本州でそれぞれ亜種に分かれる。
見られる時期:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索