本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:イチモンジカメノコハムシ

イチモンジカメノコハムシ
[ハムシ科]
成虫幼虫共にムラサキシキブやコムラサキの葉を食べる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ゴマフリドクガ

ゴマフリドクガ
[ドクガ科]
幼虫はヒサカキやサクラの葉を食べる。幼虫の時代だけ毒針が生え蛹、成虫は幼虫時の毒針を腹部に付けている。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ルリナカボソタマムシ

ルリナカボソタマムシ
[タマムシ科]
春~夏、ホウロクイチゴなどのバラ科植物の葉の上でよく見かける。青い金属光沢が非常に美しい。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン
[タテハチョウ科]
翅の裏の銀色の斑紋が名前の由来。真夏の高温期の間は「夏眠」をし、秋になると再び活動する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:オオモンツチバチ

オオモンツチバチ
[ツチバチ科]
土の中のコガネムシの幼虫に寄生する。秋口によく見かける。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:マルガタハナカミキリ

マルガタハナカミキリ
[カミキリムシ科]
体格が丸型で花に集まるカミキリムシ。夏、ノリウツギなどの花に花粉を食べに集まる。背中の斑紋は変異が多い。
見られる時期:夏

→詳細


写真:スナムグリヒョウタンゾウムシ

スナムグリヒョウタンゾウムシ
[ゾウムシ科]
海浜性のゾウムシ。朽木などの下に隠れている。日本海側に分布。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヤマサナエ

ヤマサナエ
[サナエトンボ科]
大型のサナエトンボ。平地にも多く、日当たりのよい水辺でよく見られる。よく似た種にキイロサナエがいる。体長65~71mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アシグロツユムシ

アシグロツユムシ
[ツユムシ科]
非常に脚が長い。「ジュクジュク・・・」と鳴く。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:シロトラカミキリ

シロトラカミキリ
[カミキリムシ科]
春、各種広葉樹伐採木に産卵、交尾のため集まる。また花にも集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ルリヒラタムシ

ルリヒラタムシ
[ヒラタムシ科]
その名の通り瑠璃色のとても平たい虫。樹皮下に潜み他の昆虫類を捕食している。個体数は少ない。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:マメコガネ

マメコガネ
[コガネムシ科]
様々な植物の葉を食べる。日本からアメリカへ侵入し大害虫となる。ジャパニーズ・ビートルというあだ名がつき、嫌われている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:カラスアゲハ

カラスアゲハ
[アゲハチョウ科]
幼虫やミカン、レモン、カラスザンショウなどのミカン科植物の葉を食べる。成虫は非常に美しい翅をもつ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:トホシハムシ

トホシハムシ
[ハムシ科]
翅に10個の黒い斑紋があるためこの名がつく。ハンノキ類の葉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:エゾナガヒゲカミキリ

エゾナガヒゲカミキリ
[カミキリムシ科]
ニガキの枝をかじって食べる。静止している姿は鳥のフンそのものである。
見られる時期:夏

→詳細


写真:スジモンヒトリ

スジモンヒトリ
[ヒトリガ科]
白、もしくは黄色の翅に山形の黒い筋模様がある。光によく集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クロジョウカイ

クロジョウカイ
[ジョウカイボン科]
黒いジョウカイボンの仲間。肉食性。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:カタビロトゲハムシ

カタビロトゲハムシ
[ハムシ科]
体中トゲトゲに覆われている。クヌギやコナラなどのブナ科植物の葉の上で見られる。体長4~6mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索