本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:リンゴコフキゾウムシ

リンゴコフキゾウムシ
[ゾウムシ科]
春、植物たちの葉が開きはじめるとこの虫も姿を現す。緑色の光沢のある粉に覆われ美しい。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ホソバセセリ

ホソバセセリ
[セセリチョウ科]
幼虫はイネ科の葉を食べる。高原などの明るい場所を好む。翅の白玉模様が特徴で他のセセリチョウと容易に区別できる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:キスジシロエダシャク

キスジシロエダシャク
[ヤガ科]
上翅は地味なこげ茶色をしているが下翅は美しい黄色。夏の夜樹液に集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:アシナガコガネ

アシナガコガネ
[コガネムシ科]
春、多くの花で花粉を食べる姿が見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:サカハチチョウ

サカハチチョウ
[タテハチョウ科]
翅を広げると逆さの八の字の模様となることが名前の由来。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:センノキカミキリ

センノキカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はセンノキ、タラノキ、ヤツデなどウコギ科の生木を食べる。成虫はウコギ科の若い茎を齧り部分枯れにする。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:オキナワルリチラシ

オキナワルリチラシ
[マダラガ科]
緑から瑠璃色の金属光沢をもった非常に美しいガ。ノリウツギの花などで吸蜜する。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:セダカコブヤハズカミキリ

セダカコブヤハズカミキリ
[カミキリムシ科]
歩行性のカミキリムシ。飛ぶための翅が退化し、その変わりに体がとても硬い。秋、越冬するため枯れ葉の中に潜り込む。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:コカマキリ

コカマキリ
[カマキリ科]
コガタのカマキリ。茶色い体色は薄いものから濃いものまで変異がある。カマの内側の黒白模様が本種の特徴。体長45~60mm
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:シロコブゾウムシ

シロコブゾウムシ
[ゾウムシ科]
真っ白で背中にコブがあるゾウムシ。クズやハギなどの葉を食べる。よく似たヒメシロコブゾウムシは背中が黒っぽい。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヘリグロベニカミキリ

ヘリグロベニカミキリ
[カミキリムシ科]
広葉樹の伐採木の集まる。中型の非常に美しいカミキリムシ。べニカミキリとよく似ているが、本種の胸部は黒く縁取られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:スミナガシ

スミナガシ
[タテハチョウ科]
大型の真黒なチョウ。夏場樹液を吸う姿が見られる。翅の黒い色が墨のようだ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:キオビベッコウ

キオビベッコウ
[ベッコウバチ科]
コガネグモなどの大型のクモを捕獲し、巣穴に引きずり込む。巣穴に産卵し、孵化したハチの幼虫は麻酔を打たれたクモを食べて成長する。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ムネモンヤツボシカミキリ

ムネモンヤツボシカミキリ
[カミキリムシ科]
黄色地が非常に美しいカミキリムシ。主にサルナシの葉を食べ、幼虫はサルナシの枯れ木を食べる。分布は局地的で個体数は少ない。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アカアシクワガタ

アカアシクワガタ
[クワガタムシ科]
ブナ帯に生息するクワガタ。ヤナギやハンノキの枝をかじりキズをつけ、自ら樹液をだす。その名の通り足が赤い。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:ルリハムシ

ルリハムシ
[ハムシ科]
ハンノキ、ヤマハンノキの葉が開くころから発生し、葉の上で多く見られる。緑色の光沢は外敵の鳥から見たら目くらましになっているのだと思われる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:シロシタホタルガ(幼虫)

シロシタホタルガ(幼虫)
[マダラガ科]
分泌液に触れるとかぶれるので注意ば必要。サワフタギ、クロミノニシゴリなどのハイノキ科植物の葉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヒメギフチョウ

ヒメギフチョウ
[アゲハチョウ科]
ギフチョウよりやや小型で早春から活動し、幼虫の植草であるウスバサイシンなどに産卵する。
見られる時期:春

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索