本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ハマスズ

ハマスズ
[ヒバリモドキ科]
海浜性のバッタの仲間。体色は砂浜に見事にとけこむ保護色となっている。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ウスキツバメエダシャク

ウスキツバメエダシャク
[シャクガ科]
光に集まっている姿がよく見られる。個体数多い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:マイマイガ

マイマイガ
[ドクガ科]
オスとメスで体色や大きさが異なり、さらに地域によって色彩に変異がある。10年周期で大発生を繰り返し、様々な樹種の葉を食べる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:クロモンキリバエダシャク(幼虫)

クロモンキリバエダシャク(幼虫)
[シャクガ科]
幼虫は腹部の横に奇妙な突起物が生えている。シャクトリムシの仲間。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:トラガ

トラガ
[ヤガ科]
幼虫はシオデやサルトリイバラの葉を食べる。名前の通り虎模様が非常に美しい。昼間活動する。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:イボタガ(幼虫)

イボタガ(幼虫)
[イボタガ科]
イボタノキ、キンモクセイなどのモクセイ科の木の葉を食べる。長い黒い突起が特徴。成虫、幼虫共に特異な形態をしている。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:イタドリハムシ

イタドリハムシ
[ハムシ科]
早春、イタドリの葉の上を歩きまわる。この虫を見ると春の訪れを感じる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ニトベエダシャク(幼虫)

ニトベエダシャク(幼虫)
[シャクガ科]
サクラやリンゴなどのバラ科の葉を食べる。体色が真っ白なのでよく目立つ。
見られる時期:春

→詳細

写真:アシグロツユムシ

アシグロツユムシ
[ツユムシ科]
非常に脚が長い。「ジュクジュク・・・」と鳴く。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:ナガゴマフカミキリ

ナガゴマフカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木や枯れ木に交尾、産卵のため集まる。個体数多い。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:オオアオバヤガ

オオアオバヤガ
[ヤガ科]
光によく集まる。日本各地に多い。明るいところで見ると緑色の鮮やかさに見とれてしまう。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ハイイロヤハズカミキリ

ハイイロヤハズカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はササ類の内部を食べ、秋に茎内で羽化し成虫越冬する。夏光に集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:コンボウアメバチ

コンボウアメバチ
[ヒメバチ科]
腹部が棍棒状。大型のガであるクスサンに寄生する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:センノキカミキリ

センノキカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はセンノキ、タラノキ、ヤツデなどウコギ科の生木を食べる。成虫はウコギ科の若い茎を齧り部分枯れにする。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ウスバシロチョウ

ウスバシロチョウ
[アゲハチョウ科]
幼虫はムラサキケマンやヤマエンゴサクなどを食べる。シロチョウとあるがアゲハチョウの仲間。
見られる時期:夏

→詳細


写真:ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ
[トンボ科]
他のアカトンボより一回り大きく、目の覚めるような真っ赤な体色をしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ゴマフボクトウ

ゴマフボクトウ
[ボクトウガ科]
幼虫はチャやツツジの幹に穴をあけて穿孔し、枯らしてしまう。成虫は光によく集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キハラゴマダラヒトリ

キハラゴマダラヒトリ
[ヒトリガ科]
腹部が黄色いヒトリガの仲間。光に集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索