本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ムラサキアオカミキリ

ムラサキアオカミキリ
[カミキリムシ科]
九州に分布。幼虫はカエデの生木を食べる。九州北部では緑色、南部では黒に近い紫になる。金属光沢が非常に美しい大型のカミキリムシ。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ニッポンヒゲナガハナバチ

ニッポンヒゲナガハナバチ
[コシブトハナバチ科]
触角が非常に長いハナバチの仲間。
見られる時期:春

→詳細

写真:ナガメ

ナガメ
[カメムシ科]
アブラナ科植物で吸汁する。菜の花についているカメムシなのでナガメという名がついた。都市部にも多い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ウスタビガ

ウスタビガ
[ヤママユガ科]
幼虫はブナ科、サクラ、カエデなどの葉を食べる。成虫は晩秋に羽化し、光によく集まる。開張75~110mm
見られる時期:秋

→詳細

写真:ヒメヤママユ

ヒメヤママユ
[ヤママユガ科]
幼虫は各種広葉樹の葉を食べる。秋に成虫になり、光によく集まる。成虫になると口はなくない何も食べない。
見られる時期:秋

→詳細

写真:ハイイロヤハズカミキリ

ハイイロヤハズカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はササ類の内部を食べ、秋に茎内で羽化し成虫越冬する。夏光に集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ゴイシシジミ

ゴイシシジミ
[シジミチョウ科]
幼虫は日本産チョウ類の中で唯一の肉食性。アブラムシを食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キマワリ

キマワリ
[ゴミムシダマシ科]
朽木をグルグルと這う姿が名前の由来。日本各地で普通に見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クロシデムシ

クロシデムシ
[シデムシ科]
日本産シデムシ最大種。野生動物の死体を食べる分解者。体長25~40mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:オニヤンマ

オニヤンマ
[オニヤンマ科]
日本産トンボ最大種。夏、林道や水辺を縄張りを守るために同じところを旋回している。体長90~110mm
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ツマグロオオヨコバイ

ツマグロオオヨコバイ
[ヨコバイ科]
早春から秋まで見られ、多くの種類の植物の汁を吸う。こちらの存在に気づくと枝の反対側に隠れる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:シロヘリクチブトカメムシ

シロヘリクチブトカメムシ
[カメムシ科]
肉食性のカメムシ。光によく集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ヘリグロチャバネセセリ

ヘリグロチャバネセセリ
[セセリチョウ科]
幼虫はヤマカモジグサ、ヒメノガリヤスなどのイネ科植物を食べる。スジグロチャバネセセリによく似ている。
見られる時期:夏

→詳細

写真:タテスジゴマフカミキリ

タテスジゴマフカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木で見られるが、あまり多くない。縦筋模様が保護色になって見つけにくい。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:モンキチョウ

モンキチョウ
[シロチョウ科]
春から秋まで見られる。幼虫はシロツメクサやアカツメクサを食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:キスジトラカミキリ

キスジトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木に産卵、交尾のため集まる。活動している様子はハチそっくりである。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ゴマフボクトウ

ゴマフボクトウ
[ボクトウガ科]
幼虫はチャやツツジの幹に穴をあけて穿孔し、枯らしてしまう。成虫は光によく集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:エゴシギゾウムシ

エゴシギゾウムシ
[ゾウムシ科]
エゴの実に産卵し、幼虫は実の中を食べる。口吻(こうふん)が非常に長く、ゾウのようである。体長約6mm
見られる時期:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索