本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ハイイロゲンゴロウ

ハイイロゲンゴロウ
[ゲンゴロウ科]
中型のゲンゴロウの仲間。富栄養化にも強く日本各地でよく見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヘリグロベニカミキリ

ヘリグロベニカミキリ
[カミキリムシ科]
広葉樹の伐採木の集まる。中型の非常に美しいカミキリムシ。べニカミキリとよく似ているが、本種の胸部は黒く縁取られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヒメヤママユ

ヒメヤママユ
[ヤママユガ科]
幼虫は各種広葉樹の葉を食べる。秋に成虫になり、光によく集まる。成虫になると口はなくない何も食べない。
見られる時期:秋

→詳細


写真:ニホンミツバチ

ニホンミツバチ
[ミツバチ科]
セイヨウミツバチが移入したことにより近年減少している。樹洞や地中に巣をつくる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ニトベエダシャク(幼虫)

ニトベエダシャク(幼虫)
[シャクガ科]
サクラやリンゴなどのバラ科の葉を食べる。体色が真っ白なのでよく目立つ。
見られる時期:春

→詳細

写真:ウスキツバメエダシャク

ウスキツバメエダシャク
[シャクガ科]
光に集まっている姿がよく見られる。個体数多い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:オニヤンマ

オニヤンマ
[オニヤンマ科]
日本産トンボ最大種。夏、林道や水辺を縄張りを守るために同じところを旋回している。体長90~110mm
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ヨツモンカメノコハムシ

ヨツモンカメノコハムシ
[ハムシ科]
サツマイモ、ヒルガオなどの葉を食べる。元々南西諸島に分布していた種だが、近年分布を広げ九州でも見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ニレノミゾウムシ

ニレノミゾウムシ
[ゾウムシ科]
ケヤキなどのニレ科の葉を食べる。危険を感じると発達した後ろ脚で「ピン」と跳ぶ。冬、樹皮下で越冬している。体長2~3mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:サビカミキリ

サビカミキリ
[カミキリムシ科]
夏の夜、マツ類の伐採木に産卵、交尾のため集まる。各地で普通に見られる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:アイノカツオゾウムシ

アイノカツオゾウムシ
[ゾウムシ科]
ゾウムシの中でもかなり細長い体格をしている。ヨモギの葉の上でよく見られる。体長7~12mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:コチャバネセセリ

コチャバネセセリ
[セセリチョウ科]
山地に多く、幼虫はササやタケ類の葉を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:オオミスジ

オオミスジ
[タテハチョウ科]
日本産ミスジチョウの最大種。幼虫はウメ、サクラなどバラ科の葉を食べる。成虫は食樹周辺を旋回することが多い。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ツマジロウラナミジャノメ

ツマジロウラナミジャノメ
[タテハチョウ科]
山地性のチョウでガレ場や山頂で見かける。幼虫はノガリヤス、ヒメノガリヤスなどのイネ科植物を食べる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クロコノマチョウ

クロコノマチョウ
[タテハチョウ科]
薄暗い森林でよく見られる。温暖化の影響で分布を拡大している。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:クロトゲハムシ

クロトゲハムシ
[ハムシ科]
河原などのススキの葉上で静止している姿が見られる。体中がトゲに覆われている。体長4~5mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:トビサルハムシ

トビサルハムシ
[ハムシ科]
体中短い毛で覆われている。クヌギやコナラの葉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ハグロトンボ

ハグロトンボ
[カワトンボ科]
翅がまっ黒なのが特徴。緩やかな沢沿いなどでよく見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索