本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:キオビツチバチ

キオビツチバチ
[ツチバチ科]
幼虫はコガネムシの幼虫を食べる。腹部の黄色い模様が特徴。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:コジャノメ

コジャノメ
[タテハチョウ科]
山地の薄暗い林の中で見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クロボシツツハムシ

クロボシツツハムシ
[ハムシ科]
春、クヌギやサクラの葉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ヒメアシナガコガネ

ヒメアシナガコガネ
[コガネムシ科]
ミズキやクリなどの花に花粉を食べるため集まる。背中の斑紋には変異がある。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アオスジアゲハ(幼虫)

アオスジアゲハ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
クスノキやタブノキなどのクスノキ科植物の葉を食べる。幼虫、蛹は緑色の葉に見事に擬態する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:セッケイカワゲラ

セッケイカワゲラ
[クロカワゲラ科]
冬、雪の上で活動するセッケイカワゲラ属の仲間の総称。雪の中の藻類や原生動物を食べる。
見られる時期:春・冬

→詳細


写真:オオゾウムシ

オオゾウムシ
[ゾウムシ科]
日本産のゾウムシ最大種。体表は非常に硬く大人が指で押してもつぶれることはない。枯れ木、樹液に集まる。ビールが大好き。体長12~25mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:フタトガリコヤガ(幼虫)

フタトガリコヤガ(幼虫)
[ヤガ科]
フヨウ、ムクゲ、オクラの葉を食べる。大きな葉の上で夢中で食べているので目立つ。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:チュウレンジバチ(幼虫)

チュウレンジバチ(幼虫)
[ミフシハバチ科]
成虫はバラの茎にキズをつけ中に産卵する。孵化した幼虫はバラの葉を集団で食べる。都市部にも生息し、園芸家からは害虫扱いされている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:スジグロシロチョウ

スジグロシロチョウ
[シロチョウ科]
モンシロチョウにそっくりであるが、翅脈が黒い点で見分けられる。また本種は薄暗い場所を好んで飛翔する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:エゾナガヒゲカミキリ

エゾナガヒゲカミキリ
[カミキリムシ科]
ニガキの枝をかじって食べる。静止している姿は鳥のフンそのものである。
見られる時期:夏

→詳細

写真:マイマイカブリ(幼虫)

マイマイカブリ(幼虫)
[オサムシ科]
成虫と同じく幼虫もカタツムリを食べる。カタツムリの殻をかぶっている姿が和名の由来となっている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ルリクワガタ

ルリクワガタ
[クワガタムシ科]
光沢をもった美しいクワガタムシ。ブナ科の朽木に産卵、産卵マークとして(・)のような痕が残る。体長8~14mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:キオビベッコウ

キオビベッコウ
[ベッコウバチ科]
コガネグモなどの大型のクモを捕獲し、巣穴に引きずり込む。巣穴に産卵し、孵化したハチの幼虫は麻酔を打たれたクモを食べて成長する。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:コカマキリ

コカマキリ
[カマキリ科]
コガタのカマキリ。茶色い体色は薄いものから濃いものまで変異がある。カマの内側の黒白模様が本種の特徴。体長45~60mm
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:トビイロカミキリ

トビイロカミキリ
[カミキリムシ科]
早春から花粉を食べに花に集まる。クスノキ科植物の伐採木に交尾、産卵のために集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:オオミスジ

オオミスジ
[タテハチョウ科]
日本産ミスジチョウの最大種。幼虫はウメ、サクラなどバラ科の葉を食べる。成虫は食樹周辺を旋回することが多い。
見られる時期:夏

→詳細

写真:シロオビアワフキ

シロオビアワフキ
[アワフキムシ科]
春、植物の茎に白いアワがついているのが見られるが本種の幼虫がつくったもの。成虫になると小さなセミのような形態になる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索