本文へジャンプ
  • TOP
  • 昆虫図鑑TOP

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ルイスツノヒョウタンクワガタ

ルイスツノヒョウタンクワガタ
[クワガタムシ科]
成虫になっても朽木から外にほとんど出ることはない。アゴが上向きに発達し、ツノのように見えるのが名前の由来。体長約15mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ルリモンホソバ

ルリモンホソバ
[ヒトリガ科]
目の覚めるような黄色が非常に美しいガ。幼虫は白い長い毛が密生しており、コケ類を食べる。個体数少ない。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クロスズメバチ

クロスズメバチ
[スズメバチ科]
小型のスズメバチの仲間。土中に巣を作る。秋に巣を掘り起こし「ハチノコ」として古くから人間の食料となってきた。
見られる時期:春・夏・秋・冬

→詳細


写真:トノサマバッタ

トノサマバッタ
[バッタ科]
大型のバッタ。生息環境である草原が開発によりなくなり個体数が減少している。体色は緑色から褐色のものがある。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ
[トンボ科]
日本最小のトンボで体長は20mm。1円玉サイズ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:カラフトルリシジミ

カラフトルリシジミ
[シジミチョウ科]
北海道のみ生息。幼虫はガンコウランやクロマメノキを食べる。
見られる時期:夏

→詳細


写真:ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ
[トンボ科]
他のアカトンボより一回り大きく、目の覚めるような真っ赤な体色をしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ユウマダラエダシャク

ユウマダラエダシャク
[シャクガ科]
幼虫はマサキ、ツルマサキなどのニシキギ科植物の葉を食べる。昼間葉の上で静止している姿がよく見つかる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ウスイロトラカミキリ

ウスイロトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の枯れ木に産卵、交尾のために集まります。個体数が多い。
見られる時期:夏

→詳細


写真:シャチホコガ(幼虫)

シャチホコガ(幼虫)
[シャチホコガ科]
幼虫は各種落葉広葉樹の葉を食べる。幼虫は変わった形態をしており、その姿がシャチホコににることからこの名がついた。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:マツモムシ

マツモムシ
[マツモムシ科]
水面化をお腹を上にして背泳ぎしながら泳ぎ、オタマジャクシなどを捕えて体液を吸う。人間も不用意につかむと刺される。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ウチワヤンマ

ウチワヤンマ
[サナエトンボ科]
大型のトンボで腹部先端の突起が特徴。平地の沼などで見られる。体長約80mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アカアシクワガタ

アカアシクワガタ
[クワガタムシ科]
ブナ帯に生息するクワガタ。ヤナギやハンノキの枝をかじりキズをつけ、自ら樹液をだす。その名の通り足が赤い。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キンモンガ

キンモンガ
[アゲハモドキガ科]
昼行性のガ。黒と黄色の翅がよく目立つ。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キアゲハ(幼虫)

キアゲハ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
シシウド、ニンジン、パセリなどのセリ科植物の葉や実を食べる。プランター栽培などにより都市部でもよく見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:クロトゲハムシ

クロトゲハムシ
[ハムシ科]
河原などのススキの葉上で静止している姿が見られる。体中がトゲに覆われている。体長4~5mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ヤマイモハムシ

ヤマイモハムシ
[ハムシ科]
ヤマノイモの葉を食べる。体表の青い光沢が美しいハムシの仲間。体長5~6mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ヤブヤンマ

ヤブヤンマ
[ヤンマ科]
夕方に活動するためほとんどその姿を見せない。日中は薄暗い林の中で枝にとまってじっとしている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索