本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:アカスジカメムシ

アカスジカメムシ
[カメムシ科]
赤と黒のストライプがオシャレなカメムシ。シシウドの花に多く見られる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:アカスジキンカメムシ(幼虫)

アカスジキンカメムシ(幼虫)
[キンカメムシ科]
ミズキやガマズミの葉や実を吸汁する。幼虫の期間は白黒で地味な体色だが成虫は緑と赤の光沢がありとても美しい。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アカタテハ

アカタテハ
[タテハチョウ科]
幼虫はイラクサやカラムシの葉を食べる。秋に多いチョウである。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アカハナカミキリ

アカハナカミキリ
[カミキリムシ科]
盛夏にノリウツギやガクアジサイの花に花粉を食べに集まる。個体数が多い。
見られる時期:夏

→詳細

写真:アカハネムシ

アカハネムシ
[アカハネムシ科]
幼虫は朽木の樹皮下で生活している。成虫は春早いうちから活動し暖かい日中飛び回っている。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アカホシカメムシ

アカホシカメムシ
[ホシカメムシ科]
南方系のカメムシ。サキシマフヨウ、オオハマボウ、ムクゲなどのムクゲ科植物に寄生する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アキアカネ

アキアカネ
[トンボ科]
羽化したばかりの体色は黄色。夏は山の上ですごし、秋になると低地へ移動し、体色は赤くなる。体長約45mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アケビコノハ

アケビコノハ
[ヤガ科]
翅を閉じると木の葉そのもの。しかし翅を広げると黄色い美しい翅が見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アケビコノハ(幼虫)

アケビコノハ(幼虫)
[ヤガ科]
アケビの葉を食べる。大きな目玉模様で天敵である鳥を脅かしている。この独特の容姿からよく図鑑に使われる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アゲハチョウ(幼虫)

アゲハチョウ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
レモンやミカンなどのミカン科植物の葉を食べる。外敵に対しイヤなニオイのする「肉角」を出す。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アサギマダラ

アサギマダラ
[タテハチョウ科]
幼虫はイケマやキジョランの葉を食べる。旅をするチョウとして知られ、日本本土から南西諸島や台湾まで移動する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アサマイチモンジ

アサマイチモンジ
[タテハチョウ科]
幼虫はスイカズラやニシキウツギなどの葉を食べる。近縁種にイチモンジチョウがいる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:アシグロツユムシ

アシグロツユムシ
[ツユムシ科]
非常に脚が長い。「ジュクジュク・・・」と鳴く。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:アシナガコガネ

アシナガコガネ
[コガネムシ科]
春、多くの花で花粉を食べる姿が見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:アシブトチズモンアオシャク

アシブトチズモンアオシャク
[シャクガ科]
名前の「アシブト」とはオスの後ろ足が毛束によって太く見えるため。よく似た種にチズモンアオシャクがいる。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:アブラゼミ

アブラゼミ
[セミ科]
日本で最も普通に見られるセミ。幼虫は7年間地中で木の根から養分を吸い、成虫の期間は約1週間。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:アメンボ

アメンボ
[アメンボ科]
「飴のようなニオイのする棒」ということで「アメンボ」とついたそうだ。意外と知られていないがカメムシの仲間である。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:アヤムネスジタマムシ

アヤムネスジタマムシ
[タマムシ科]
非常に美しい中型のタマムシの仲間。スダジイやマテバシイの林に多い。体長約20mm
見られる時期:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索