本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:アヤモクメキリガ(幼虫)

アヤモクメキリガ(幼虫)
[ヤガ科]
ネギ、ダイズ、ジャガイモなどの作物の葉を食べる。ヨトウムシと呼ばれる害虫の一種。
見られる時期:春・冬

→詳細

写真:アリモドキカッコウムシ

アリモドキカッコウムシ
[カッコウムシ科]
スギの朽木の上で他の昆虫を捕食している姿をよく見かける。貪欲なハンター。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:イカリモンガ

イカリモンガ
[イカリモンガ科]
昼間活動し花に集まる美しいガ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:イシガケチョウ

イシガケチョウ
[タテハチョウ科]
岩場で静止しているとどこにいるかまったくわからない。飛び方が独特でせわしなく飛び回る。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:イタドリハムシ

イタドリハムシ
[ハムシ科]
早春、イタドリの葉の上を歩きまわる。この虫を見ると春の訪れを感じる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:イタヤカミキリ

イタヤカミキリ
[カミキリムシ科]
幼虫はヤナギやヤマハンノキの生木を食べる。夏場これらの木の枝にしがみついている成虫が見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:イチモンジカメノコハムシ

イチモンジカメノコハムシ
[ハムシ科]
成虫幼虫共にムラサキシキブやコムラサキの葉を食べる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:イチモンジセセリ

イチモンジセセリ
[セセリチョウ科]
晩夏から秋にかけ多くの花で吸蜜している。日本で最も普通に見られるセセリチョウの仲間。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:イチモンジチョウ

イチモンジチョウ
[タテハチョウ科]
幼虫はスイカズラ、タニウツギ、ハコネウツギなどのスイカズラ科の葉を食べる。近縁種のアサマイチモンジによく似ている。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:イボタガ

イボタガ
[イボタガ科]
幼虫はイボタノキ、ミヤマイボタの葉を食べる。成虫の翅はネコの目のように見える。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:イボタガ(幼虫)

イボタガ(幼虫)
[イボタガ科]
イボタノキ、キンモクセイなどのモクセイ科の木の葉を食べる。長い黒い突起が特徴。成虫、幼虫共に特異な形態をしている。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:ウスアカオトシブミ

ウスアカオトシブミ
[オトシブミ科]
リョウブやウツギの葉を丸めて揺籃をつくる。
見られる時期:夏

→詳細


写真:ウスイロオナガシジミ

ウスイロオナガシジミ
[シジミチョウ科]
朝と夕方に活発に活動する。幼虫はカシワやミズナラの葉を食べる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ウスイロトラカミキリ

ウスイロトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の枯れ木に産卵、交尾のために集まります。個体数が多い。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ウスキツバメエダシャク

ウスキツバメエダシャク
[シャクガ科]
光に集まっている姿がよく見られる。個体数多い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ウスタビガ

ウスタビガ
[ヤママユガ科]
幼虫はブナ科、サクラ、カエデなどの葉を食べる。成虫は晩秋に羽化し、光によく集まる。開張75~110mm
見られる時期:秋

→詳細

写真:ウスバカゲロウ(幼虫)

ウスバカゲロウ(幼虫)
[ウスバカゲロウ科]
幼虫時代は砂地にすり鉢状の巣をつくる「アリジゴク」。成虫になるとトンボのような形態となる。
見られる時期:春・夏・秋・冬

→詳細

写真:ウスバキチョウ

ウスバキチョウ
[アゲハチョウ科]
幼虫はコマクサを食べる。日本では北海道の大雪山、十勝岳周辺のみ生息している。国の天然記念物。
見られる時期:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索