本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ウスバキトンボ

ウスバキトンボ
[トンボ科]
都市部でもよく見られる黄色いトンボ。寒さに弱く、夏に北日本で見られる本種は毎年南から世代交代しながら北上してきたものである。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ウスバシロチョウ

ウスバシロチョウ
[アゲハチョウ科]
幼虫はムラサキケマンやヤマエンゴサクなどを食べる。シロチョウとあるがアゲハチョウの仲間。
見られる時期:夏

→詳細

写真:ウチワヤンマ

ウチワヤンマ
[サナエトンボ科]
大型のトンボで腹部先端の突起が特徴。平地の沼などで見られる。体長約80mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:ウバタマムシ

ウバタマムシ
[タマムシ科]
松類の生木を食べる。タマムシと聞くと虹色のものを想像してしまうが、地味な種類も多い。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ウラギンヒョウモン

ウラギンヒョウモン
[タテハチョウ科]
翅の裏の銀色の斑紋が名前の由来。真夏の高温期の間は「夏眠」をし、秋になると再び活動する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ウラジャノメ

ウラジャノメ
[タテハチョウ科]
幼虫はクサヨシ、ヒメノガリヤスなどを食べる。翅の模様に変異が多く、利尻島、北海道、本州でそれぞれ亜種に分かれる。
見られる時期:夏

→詳細


写真:ウラナミシジミ

ウラナミシジミ
[シジミチョウ科]
翅の裏側に白い波状の模様があるのが名前の由来。日本各地に多い。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ウリハムシ

ウリハムシ
[ハムシ科]
カラスウリやキュウリやカボチャなどのウリ科植物を食べる。個体数が多い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:ウンモンスズメ

ウンモンスズメ
[スズメガ科]
幼虫はニレ科のケヤキなどを食べる。成虫は緑色の翅が非常に美しい。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:エグリトラカミキリ

エグリトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木に産卵、交尾のために集まる。個体数多い。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:エゴシギゾウムシ

エゴシギゾウムシ
[ゾウムシ科]
エゴの実に産卵し、幼虫は実の中を食べる。口吻(こうふん)が非常に長く、ゾウのようである。体長約6mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:エサキキンヘリタマムシ

エサキキンヘリタマムシ
[タマムシ科]
ダケカンバやヤマハンノキの葉の上に静止していることが多い。非常に美しいタマムシの仲間である。
見られる時期:夏

→詳細


写真:エサキモンキツノカメムシ

エサキモンキツノカメムシ
[ツノカメムシ科]
背中にハートマークをもつオシャレなカメムシ。本種のメスは子育てをする。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:エゾカタビロオサムシ

エゾカタビロオサムシ
[オサムシ科]
オサムシの仲間では珍しく飛ぶことができる。そのため他のオサムシより翅の付け根の筋肉が発達し、翅の前部の幅が広い。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:エゾシモフリスズメ

エゾシモフリスズメ
[スズメガ科]
幼虫がホオノキを食べる。大型のスズメガの仲間。開張100~120mm
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:エゾスズメ

エゾスズメ
[スズメガ科]
大型のスズメガの仲間。光に集まる。ステルス機のようでかっこいい。開張90~100mm
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:エゾナガヒゲカミキリ

エゾナガヒゲカミキリ
[カミキリムシ科]
ニガキの枝をかじって食べる。静止している姿は鳥のフンそのものである。
見られる時期:夏

→詳細

写真:エゾハルゼミ

エゾハルゼミ
[セミ科]
梅雨時から夏にかけてブナ林で観察できる。「ミョーキン ミョーキン ケケケケ・・・」と鳴く。
見られる時期:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索