本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:エビガラスズメ

エビガラスズメ
[スズメガ科]
サツマイモの害虫として知られている。成虫の腹部の模様が「エビガラ」となっている。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:エルタテハ

エルタテハ
[タテハチョウ科]
翅の裏面に白いL字型の模様があることが和名の由来。よく似た種にヒオドシチョウがいる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:オオアオバヤガ

オオアオバヤガ
[ヤガ科]
光によく集まる。日本各地に多い。明るいところで見ると緑色の鮮やかさに見とれてしまう。
見られる時期:夏

→詳細


写真:オオウスバカゲロウ(幼虫)

オオウスバカゲロウ(幼虫)
[ウスバカゲロウ科]
海浜性の昆虫ですり鉢状の巣は作らず流木などの下に潜んでいる。成虫は幼虫時代とは似ても似つかないトンボのような形態となる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:オオウラギンスジヒョウモン

オオウラギンスジヒョウモン
[タテハチョウ科]
大型のヒョウモンチョウの仲間。雑木林の周辺で見られる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:オオキノコムシ

オオキノコムシ
[オオキノコムシ科]
サルノコシカケの仲間を食べる。なんとピーナッツバターの香りがする。体長16~36mm
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:オオキンカメムシ

オオキンカメムシ
[キンカメムシ科]
1匹1匹黒と赤の模様が異なる。アブラギリの木で集団で見つかることがある。体長20~25mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:オオギンモンカギバ

オオギンモンカギバ
[カギバガ科]
翅の先端が後方へつき出る。光によく集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:オオクチキムシ

オオクチキムシ
[ゴミムシダマシ科]
夜間、朽木の上を徘徊している。昼間や冬場は朽木の樹皮下に潜む。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:オオゴキブリ(幼虫)

オオゴキブリ(幼虫)
[オオゴキブリ科]
森林性のゴキブリ。朽木の中でコロニーをつくって生活している。成虫になると翅がはえる。体長40~45mm
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:オオゴマダラ

オオゴマダラ
[タテハチョウ科]
日本産のチョウでは最大種となる。機会島、与論島以南に分布しているが稀に九州本土まで飛んでくる。開長13㎝にもなる。
見られる時期:春・夏・秋・冬

→詳細

写真:オオゴマダラエダシャク

オオゴマダラエダシャク
[シャクガ科]
幼虫はカキの葉を食べる。この仲間は似た種類が多い。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボ
[トンボ科]
シオkラトンボを太く、体色を濃くしたようなトンボ。メスの体色は黄色。ため池、田んぼなどで見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:オオシロオビアオシャク

オオシロオビアオシャク
[シャクガ科]
全身緑色の美しいガ。幼虫はカバノキ科の葉を食べる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:オオスカシバ

オオスカシバ
[スズメガ科]
幼虫はクチナシを食べる。都市部でも花と花の間をハチのように移動する姿が見られる。ホバリングする姿は外国のハチドリのようだ。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:オオスズメバチ

オオスズメバチ
[スズメバチ科]
大型のスズメバチの仲間。大型の顎で木にキズをつけ樹液をだす。人間が近づくとアゴをカチカチならし威嚇する。体長27~45mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:オオスミヒゲナガカミキリ

オオスミヒゲナガカミキリ
[カミキリムシ科]
2001年に発見された大型新種。幼虫はマテバシイの生木を食べる。成虫は深夜から明け方にかけて活動する。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:オオセイボウ

オオセイボウ
[セイボウ科]
スズバチの幼虫に寄生する。緑色の光沢をもった非常に美麗なハチである。体長12~20mm
見られる時期:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索