本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:カオジロトンボ

カオジロトンボ
[トンボ科]
高層湿原のみに生息する。名前の通り正面から見ると白い顔をしている。個体数は少ない。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:カクムネベニボタル

カクムネベニボタル
[ベニボタル科]
ホタルという名がついているが違う仲間。ベニボタル科に属する。幼虫は朽木の樹皮下で変形菌類を食べている。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:カシルリオトシブミ

カシルリオトシブミ
[オトシブミ科]
春、イタドリの葉が開ききると、その葉を丸めている姿を見かける。小さいが金属光沢が美しい。体長3~4mm
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:カタビロトゲハムシ

カタビロトゲハムシ
[ハムシ科]
体中トゲトゲに覆われている。クヌギやコナラなどのブナ科植物の葉の上で見られる。体長4~6mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:カツオゾウムシ

カツオゾウムシ
[ゾウムシ科]
春、イタドリの葉の上で見かける。オレンジ色の粉を全身にまとっている。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:カノコガ

カノコガ
[カノコガ科]
昼行性のガ。名前の由来は鹿の子模様から。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:カノコサビカミキリ

カノコサビカミキリ
[カミキリムシ科]
成虫、幼虫共にカラスウリの枯れ蔓を食べる。名前の由来は鹿の子模様から。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:カバシャク

カバシャク
[シャクガ科]
早春の昼間活動するガ。山地のシラカバなどのカバノキ科の葉を食べる。
見られる時期:春

→詳細

写真:カブトムシ

カブトムシ
[コガネムシ科]
昆虫少年の憧れの的。夏、樹液に集まり、角で相手を蹴散らす。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:カメノコテントウ

カメノコテントウ
[テントウムシ科]
国内産テントウムシ科最大種。肉食性でクルミハムシの幼虫を食べる。8~12mm
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:カラカネハナカミキリ

カラカネハナカミキリ
[カミキリムシ科]
初夏から、花に花粉を食べに集まる姿を見かける。体色の金属光沢は地域変異があり、瑠璃色から銅色までさまざま。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:カラスアゲハ

カラスアゲハ
[アゲハチョウ科]
幼虫やミカン、レモン、カラスザンショウなどのミカン科植物の葉を食べる。成虫は非常に美しい翅をもつ。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:カラフトルリシジミ

カラフトルリシジミ
[シジミチョウ科]
北海道のみ生息。幼虫はガンコウランやクロマメノキを食べる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:カラマツヤツバキクイムシ

カラマツヤツバキクイムシ
[キクイムシ科]
マツ類の樹皮下を穿孔しながら食べる。大型のキクイムシの仲間。といっても体長は5mmほど。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:カワラハンミョウ

カワラハンミョウ
[ハンミョウ科]
河川の砂地に生息しているハンミョウの仲間。近年開発により生息地が無くなり、減少傾向にある。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:キアゲハ

キアゲハ
[アゲハチョウ科]
アゲハチョウによく似ている。本種のほうが翅の色が濃い。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キアゲハ(幼虫)

キアゲハ(幼虫)
[アゲハチョウ科]
シシウド、ニンジン、パセリなどのセリ科植物の葉や実を食べる。プランター栽培などにより都市部でもよく見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キイトトンボ

キイトトンボ
[イトトンボ科]
主に低地で見られる。都市部でも発生する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索