本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:キイロスズメバチ

キイロスズメバチ
[スズメバチ科]
スズメバチの仲間の中で最も気性が荒く、巣に近づいただけで刺してくる。体表を金色の毛に覆われており離れてみるとオレンジ色に見える。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キイロトラカミキリ

キイロトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木に産卵、交尾のため集まる。個体数が多い。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:キオビエダシャク

キオビエダシャク
[シャクガ科]
温暖化の影響で分布を北へ広げている。幼虫はイヌマキの葉を食べ、並木道では何百匹という単位で舞っていることがある。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:キオビツチバチ

キオビツチバチ
[ツチバチ科]
幼虫はコガネムシの幼虫を食べる。腹部の黄色い模様が特徴。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キオビベッコウ

キオビベッコウ
[ベッコウバチ科]
コガネグモなどの大型のクモを捕獲し、巣穴に引きずり込む。巣穴に産卵し、孵化したハチの幼虫は麻酔を打たれたクモを食べて成長する。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キクスイカミキリ

キクスイカミキリ
[カミキリムシ科]
成虫はキク科植物の茎をかじり、上部を枯らせてしまう。園芸家に嫌われている。日本中に局地的に発生している。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:キクビアオハムシ

キクビアオハムシ
[ハムシ科]
サルナシの葉でよく見られる。成虫も幼虫もサルナシやブナの葉を食べる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:キシタバ

キシタバ
[ヤガ科]
幼虫はフジの葉を食べる。下の翅が黄色いため「キシタバ」という名前。夏、樹液に集まる姿をよく見かける。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キスジシロエダシャク

キスジシロエダシャク
[ヤガ科]
上翅は地味なこげ茶色をしているが下翅は美しい黄色。夏の夜樹液に集まる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:キスジテントウダマシ

キスジテントウダマシ
[テントウダマシ科]
テントウダマシ科の仲間。朽木に生えるキノコを食べる。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キスジトラカミキリ

キスジトラカミキリ
[カミキリムシ科]
各種広葉樹の伐採木に産卵、交尾のため集まる。活動している様子はハチそっくりである。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キスジホソマダラ

キスジホソマダラ
[マダラガ科]
昼行性のガで花に集まる。夜間光にも集まる。
見られる時期:夏

→詳細


写真:キタキチョウ

キタキチョウ
[シロチョウ科]
幼虫はマメ科植物を食べる。日本各地で普通に見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キタテハ

キタテハ
[タテハチョウ科]
秋、他のチョウが見られなくなったころに活動している。冬場は物陰でじっとしているが、暖かい日には活動する。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キタマイマイカブリ

キタマイマイカブリ
[オサムシ科]
カタツムリの殻に頭を突っ込んで捕食することが名前の由来。東北地方北部に見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:キヌツヤハナカミキリ

キヌツヤハナカミキリ
[カミキリムシ科]
体表がビロード状の毛に覆われ光沢が美しい。ブナの立ち枯れに産卵、交尾のため集まる。また花粉を食べるため花にも集まる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:キハダカノコ

キハダカノコ
[ヒトリガ科]
幼虫はハコネギクやシロタエギクを食べる。成虫は花に集まり、目の覚めるような黄色い体色がよく目立つ。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キハラゴマダラヒトリ

キハラゴマダラヒトリ
[ヒトリガ科]
腹部が黄色いヒトリガの仲間。光に集まる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索