本文へジャンプ

身近な昆虫図鑑

自然公園等で見られる身近な昆虫を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:キバネニセハムシハナカミキリ

キバネニセハムシハナカミキリ
[カミキリムシ科]
春、イロハカエデの花やミズキの花に花粉を食べるために集まる。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:キバラモクメキリガ(幼虫)

キバラモクメキリガ(幼虫)
[ヤガ科]
イタドリ、ギシギシ、サクラ、キクイモなど様々な植物を食べる。1~4齢幼虫までは緑色をしているが終齢になると赤茶色に変化する。
見られる時期:春・夏

→詳細

写真:キベリタテハ

キベリタテハ
[タテハチョウ科]
翅のヘリが黄色いことが名前の由来。樹液や獣糞に集まる。都市部でも見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:キボシアシナガバチ

キボシアシナガバチ
[スズメバチ科]
他のアシナガバチに似ているが腹部前方に2対の黄色い紋があることで区別できる。体全体は黒っぽく、脚が赤褐色。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キボシカミキリ

キボシカミキリ
[カミキリムシ科]
温暖化の影響により分布を拡大している。幼虫はクワやイチジクの生木を食べる。地域によって背中の模様が変わる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キマエコノハ

キマエコノハ
[ヤガ科]
色彩豊かな大型の美しいガ。分布の中心は南西諸島。本州では時々見られる。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:キマダラセセリ

キマダラセセリ
[セセリチョウ科]
草原や林緑の花で吸蜜している姿が見られる。とても速く飛ぶ。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キマダラルリツバメ

キマダラルリツバメ
[シジミチョウ科]
翅に4つの尾状突起をもち、表面は瑠璃色、裏面はトラ模様がとても美しいちょう。幼虫時代はアリに育てられる。
見られる時期:夏

→詳細

写真:キマワリ

キマワリ
[ゴミムシダマシ科]
朽木をグルグルと這う姿が名前の由来。日本各地で普通に見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


写真:キリギリス

キリギリス
[キリギリス科]
「ギー、ギー、チョン!」と鳴く。鼓膜が前足にある。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:キンケハラナガツチバチ

キンケハラナガツチバチ
[ツチバチ科]
秋に草原などでよく見られる。その名の通り金色の毛が密生し、腹部の長いハチ。土中のコガネムシの幼虫に麻酔を打ち、産卵する
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:キンモウアナバチ

キンモウアナバチ
[アナバチ科]
大型のバッタの仲間を毒針で麻酔し、巣穴に引きずり込み産卵する。孵化したハチの幼虫は麻酔され生きたままのバッタを食べて成長する。
見られる時期:夏・秋

→詳細


写真:キンモンガ

キンモンガ
[アゲハモドキガ科]
昼行性のガ。黒と黄色の翅がよく目立つ。
見られる時期:夏・秋

→詳細

写真:ギフチョウ

ギフチョウ
[アゲハチョウ科]
早春のチョウ。生息環境である里山の荒廃と開発により激減している。
見られる時期:春

→詳細

写真:ギンイチモンジセセリ

ギンイチモンジセセリ
[セセリチョウ科]
翅の裏面に特徴的な白い帯がある。全国的に減少している。
見られる時期:春・夏

→詳細


写真:ギンヤンマ

ギンヤンマ
[ヤンマ科]
池や沼の止水域でよく見られる。オニヤンマと並び昔から子供に人気があるトンボの一種である。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クサギカメムシ

クサギカメムシ
[カメムシ科]
クワの実の汁を吸う姿をよく見られる。秋に越冬するため家屋へ入ることがある。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細

写真:クジャクチョウ

クジャクチョウ
[タテハチョウ科]
翅の目玉模様は外敵から身を守るため。非常に美しいチョウ。秋にヒヨドリバナで吸蜜する姿が見られる。
見られる時期:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な昆虫図鑑

索引

図鑑検索